メインメニューを開く

本日も晴天なり』(ほんじつもせいてんなり)は、1981年昭和56年)10月5日から1982年(昭和57年)4月3日にかけて半年間放送されたNHK連続テレビ小説第28作である。

本日も晴天なり
ジャンル ドラマ
脚本 小山内美江子
出演者 原日出子
鹿賀丈史
津川雅彦
宮本信子
上條恒彦
木の実ナナ
ほか
ナレーター 青木一雄
時代設定 昭和19年~48年
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年10月5日 - 1982年4月3日
放送時間 15分
回数 153[1]

目次

概要編集

昭和元年、東京人形町に生まれた桂木元子が、NHKのアナウンサーをふり出しに、戦後はルポライター、そして作家への道を歩んでいく姿を、昭和の世相をからめながら描いたもの。主婦業のかたわら、仕事にも生きがいを求めて、意欲を持って生きる昭和の女性の奮闘記でもある(出典:NHK)。元・NHKアナウンサーで作家である、近藤富枝の半生がモデル[2]

1981〜82年の平均視聴率は36.6%、最高視聴率は43.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[3]

おはようさん』以来、大阪放送局と放送センターとが半年交代で制作していたが、今作品はその慣例と異なり、放送センターの制作となった。

タイトルはアナウンサーが放送確認用に「本日は晴天なり」と言うべきところを「本日も晴天なり」と誤ってしゃべってしまったというエピソードからきている。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集