本日休演』(ほんじつきゅうえん、Relâche)はバレエ公演で、エリック・サティの最後の作曲作品。初演は1924年11月29日に行われる予定だったが休演になり、同年12月24日にようやく初演となった。

振り付けも台本もダンサーの即興で行い、背景には370枚もの反射鏡がはられ、ほとんど何も見えなかったらしい。監督はサングラスと耳栓を用意するように頼んだほどである。劇の幕間には映画が上映された。その映画『幕間』ではらくだが引いた霊柩車からジャン・ボルランが飛び出したり、テラスでマン・レイマルセル・デュシャンがチェスをしたり、空からエリック・サティとフランシス・ピカビアが降りてきてパリめがけて大砲を撃つなどといった、全くストーリー性のない作品となっている。監督はのちのフランス映画の巨匠で、この時期はシュルレアリスムの影響下にあったルネ・クレール

この作品により、親友のロラン・マニュエルはサティの支持をやめた。音楽批評家はこの作品のスキャンダルさえももみ消そうとしたようである。ただし、この作品をダリウス・ミヨーは賞賛していたようである。