メインメニューを開く

本朝画史ほんちょうがし)は、狩野永納によって延宝6年(1679年)に開版された[脚注 1]日本画人伝で、日本絵画史の基礎資料のひとつである[脚注 2])。5巻5冊、付録に「本朝画印」を載せる。元禄6年(1693年)再版は、元禄4年版行の『本朝画伝』の補訂版である。

概要編集

父の狩野山雪による「本朝画人略伝」の草稿を補完執筆したもので、儒医黒川道祐の協力もあり、林鵞峰が延宝6年に序文を寄せている。画人の合計405人で、構成は次のとおり。

  • 巻一:画原,画官,画所,画考,画運,画式,画題を解説
  • 巻ニ:上古画人147人
  • 巻三:中古名品(の画人)160人
  • 巻四:専門家族24人、「狩野家累世所用画法」
  • 巻五:雑伝46人、補遺28人、付録:画器、絵具。

諸本によっては「本朝画印」を前後に置いている。また、『本朝画史』に合冊されている『続本朝画史』は、檜山義慎文政2年(1819年)に『本朝画史』の遺漏を補い皇朝名画拾彙としたのを改題したもの([書影 1])。

諸本編集

  • 狩野永納撰『本朝画史』と檜山義慎撰『続本朝画史』を合冊し『本朝画史』とした(1883年)佚存書坊版、5巻5冊。
  • 1917年坂崎担編著『日本画談大観』所収の活字本(構成は既出分)[書影 12]

脚注編集

  1. ^ 狩野永納、1975、「訳注本朝画史(一)」、『人文學』(128)、同志社大学人文学会 pp. 1.
  2. ^ 先行画人伝には寛文11年(1671年)起算の狩野一溪著『丹青若木集』(坂崎担編著『日本画談大観』所収)がある 坂崎担(編)、1917、「丹青若木集」、『日本画談大観』、目白書院 NDLJP:954090 pp. 1004-1028 (コマ521-532)

書影編集

  1. ^ 坂崎担(編)、1917、「続本朝画史」、『日本画談大観』、目白書院 NDLJP:954090 pp. 1235-1279 (コマ635-657)
  2. ^ 狩野永納、1899、『本朝画史』、尚栄堂・文永堂 NDLJP:851684
  3. ^ 狩野永納、1899、『本朝画史』、尚栄堂・文永堂 NDLJP:851685
  4. ^ 狩野永納、1899、『本朝画史』、尚栄堂・文永堂 NDLJP:851686
  5. ^ 狩野永納、1899、『本朝画史』、尚栄堂・文永堂 NDLJP:851687
  6. ^ 狩野永納、1899、『本朝画史』、尚栄堂・文永堂 NDLJP:851688
  7. ^ 狩野永納、1833、『本朝画史』、佚存書坊 NDLJP:851679
  8. ^ 狩野永納、1833、『本朝画史』、佚存書坊 NDLJP:851680
  9. ^ 狩野永納、1833、『本朝画史』、佚存書坊 NDLJP:851681
  10. ^ 桧山義慎、1833、『本朝画史.続巻 : 皇朝名画拾彙』、佚存書坊 NDLJP:851682
  11. ^ 桧山義慎、1833、『本朝画史.続巻 : 皇朝名画拾彙』、佚存書坊 NDLJP:851683
  12. ^ 坂崎担(編)、1917、「本朝画史」、『日本画談大観』、目白書院 NDLJP:954090 pp. 1029-1087 コマ532-586
  13. ^ 笠井昌昭、1975.8、「訳注本朝画史(一)」、『人文學』(128)、同志社大学人文学会 pp. 1-56.
  14. ^ 笠井昌昭、1976.12、「訳注本朝画史(三)」、『人文學』(129)、同志社大学人文学会 pp. 1-58.
  15. ^ 笠井昌昭、1978.3、「訳注本朝画史(四)」、『人文學』(131)、同志社大学人文学会 pp. 1-53.
  16. ^ 笠井昌昭、1979.3、「訳注本朝画史(五)」、『人文學』(134)、同志社大学人文学会 pp. 25-60.

書誌編集

  1. ^ 狩野永納; 笠井昌昭; 佐々木進; 竹居明男 『本朝画史』 同朋舎出版、1985年。ISBN 4810404439