メインメニューを開く

本村 伸子(もとむら のぶこ、1972年10月20日 - )は、日本政治家日本共産党所属の衆議院議員(2期)。

本村 伸子
もとむら のぶこ
生年月日 (1972-10-20) 1972年10月20日(46歳)
出生地 愛知県豊田市
出身校 龍谷大学大学院文学研究科
国史学専攻修士課程修了
前職 国会議員秘書
現職 愛知県常任委員
愛知県原発ゼロ対策部長
所属政党 日本共産党
称号 修士(文学)
公式サイト もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)

選挙区 比例東海ブロック
当選回数 2回
在任期間 2014年12月14日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

愛知県豊田市生まれ。父親は元日本共産党愛知県委員会書記長の本村映一[1]。父・映一は長崎市の出身で5歳のときに被爆した[2]東京教育大学在学中に知り合った女性と結婚。相手が愛知県出身だったことから、卒業後豊田市に移り、足助町立足助中学校(現・豊田市立足助中学校)や豊田市立松平中学校などで10年間数学を教えた[3]。本村伸子は「被爆二世として生まれたことは私が政治に携わってきた原点」と述べている[4]

豊田市立青木小学校豊田市立猿投台中学校愛知県立刈谷高等学校卒業[5]ゴスペラーズ酒井雄二は高校時代の同級生にあたる。1998年3月龍谷大学大学院文学研究科国史学専攻修士課程修了[6]。同年4月、新日本婦人の会愛知県本部に勤務。同年7月の第18回参議院議員通常選挙で元愛知県議会議員の八田広子が初当選。声がかかり、同年10月から6年間、八田の公設秘書を務めた[7][8]

2004年から2007年まで八田広子事務所長。

2005年9月第44回衆議院議員総選挙において愛知11区から出馬するも落選。

2013年7月第23回参議院議員通常選挙において愛知県選挙区から出馬するも落選。

2014年12月第47回衆議院議員総選挙において比例東海ブロック単独で初当選を果たした[9]2017年10月第48回衆議院議員総選挙において比例東海ブロックで再選。

政策編集

2014衆院選 毎日新聞の候補者アンケートによると

また、2017衆院選 朝日新聞の候補者アンケートによると

出演編集

所属議員連盟編集

選挙の記録編集

執行日 選挙 選挙区 当落
2005年9月11日 第44回衆議院議員総選挙 愛知11区
2009年8月30日 第45回衆議院議員総選挙 愛知3区
2010年7月11日 第22回参議院議員通常選挙 愛知県選挙区
2013年7月21日 第23回参議院議員通常選挙 愛知県選挙区
2014年12月14日 第47回衆議院議員総選挙 比例東海ブロック(単独)
2017年10月22日 第48回衆議院議員総選挙 比例東海ブロック(単独)

脚注編集

外部リンク編集