本田奎

日本の将棋棋士

本田 奎(ほんだ けい、1997年7月5日 - )は神奈川県川崎市出身の将棋棋士宮田利男八段門下。棋士番号は315[1]

 本田奎 五段
名前 本田奎
生年月日 (1997-07-05) 1997年7月5日(23歳)
プロ入り年月日 2018年10月1日(21歳)
棋士番号 315
出身地 神奈川県川崎市
師匠 宮田利男八段
段位 五段
戦績
2019年12月27日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

5歳の時に父親に教わり、将棋を始める。宮田利男が開く将棋道場「三軒茶屋将棋倶楽部」に通い、小学6年で奨励会入会。順調に昇段を重ね17歳で三段リーグ入りしたが、そこから四段昇段まで3年半を要し、途中に同門の弟弟子である斎藤明日斗に抜かれる屈辱も味わった。四段昇段時のインタビューで、斎藤に抜かれたことに関して「それまで王を持っていた相手に、研究会で玉を持つのがつらかった」と語っている[2]。2018年、第63回三段リーグで15勝3敗の成績で四段昇段(同時昇段は山本博志[3]

初参加となった第45期棋王戦にて、予選で永瀬拓矢叡王らを破り、本戦出場が決定。本戦では、佐藤天彦九段・丸山忠久九段・広瀬章人竜王らを破り、無敗で挑戦者決定二番勝負に進出を果たす。1勝で挑戦権を獲得出来る挑戦者決定二番勝負では、敗者復活から勝ち上がってきた佐々木大地五段相手に第2局目で勝利し(1勝1敗)、渡辺明棋王への挑戦権を獲得するとともに、タイトル挑戦権獲得時の昇段規定によって、五段に昇段した。四段昇段後の棋戦初参加でタイトル挑戦は史上初。四段昇段後1年4か月でのタイトル挑戦権獲得は、屋敷伸之の1年2か月に次ぐ歴代2位の記録である。また、四段の棋士のタイトル挑戦権獲得は、屋敷・郷田真隆に次いで史上3人目。順位戦C級2組在籍者のタイトル挑戦は、屋敷・中田宏樹[4]・郷田・高見泰地に次いで史上5人目でもある。渡辺棋王との五番勝負は1勝3敗に終わった。

同様に初参加となった第61期王位戦では、予選で深浦康市九段・増田康宏六段・宮田敦史七段らに勝利し、初参加の王位戦で挑戦者決定リーグ入りを決めた。リーグ戦紅組では1勝4敗に終わり、リーグ残留を果たせなかった。

棋風編集

  • 先手番では相掛かりを得意としており、高い勝率を記録している[5]

人物編集

昇段履歴編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2009年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2015年4月 三段 = (第57回奨励会三段リーグ戦から)
  • 2018年10月1日 四段[1]
  • 2019年12月27日 五段(棋王戦挑戦権獲得)[8]

主な成績編集

タイトル戦履歴編集

  • 棋王戦 挑戦1回(第45期)

将棋大賞編集

  • 第47回(2019年度) 新人賞

在籍クラス編集

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注編集

  1. ^ a b 新四段誕生のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2018年9月2日). 2018年9月2日閲覧。
  2. ^ 本田奎五段のタイトル初挑戦 師匠は「コツコツというよりは一気に飛躍するタイプ」
  3. ^ 第63回奨励会三段リーグ戦
  4. ^ 第32期王位戦(1991年)が該当。
  5. ^ 本田奎五段がタイトル戦初白星をあげる 第45期棋王戦五番勝負第2局” (日本語). 将棋情報局. マイナビ (2020年2月17日). 2020年2月19日閲覧。
  6. ^ 将棋・本田奎四段、22歳の超新星「理想はコンピューター。目標とする人はいません」
  7. ^ 新四段インタビュー 本田奎四段前編
  8. ^ 本田奎四段が五段に昇段”. 日本将棋連盟 (2019年12月28日). 2019年12月28日閲覧。

外部リンク編集