メインメニューを開く

本田 小百合(ほんだ さゆり、1978年10月3日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士茨城県水戸市出身。茨城県立佐和高等学校卒業。佐瀬勇次名誉九段門下。女流棋士番号14。

 本田小百合 女流三段
名前 本田小百合
生年月日 (1978-10-03) 1978年10月3日(41歳)
棋士番号 14
出身地 茨城県水戸市
師匠 佐瀬勇次名誉九段
段位 女流三段
戦績
2019年5月1日現在
テンプレートを表示

棋歴

アマチュア時代

  • 将棋を始めるきっかけは3 - 4歳の頃、駒遊びをしながら父親に将棋を教わった。
  • 1988年に10歳の時に第2回女流アマ王将戦で優勝。同年第20回女流アマ名人戦で3位。1990年には12歳の時のに出場した第15回小学生将棋名人戦でベスト8になるなど、「水戸の天才少女」と呼ばれた。
  • 1990年に女流育成会入会し、2年後の1992年4月に13歳で女流2級としてデビュー。

女流プロ入り後

  • リーグ戦形式である女流名人位戦のA級リーグには2001年からの13年間で9期、女流王位戦の挑戦者決定リーグでは1992年のデビュー以来27年間で22期在籍している。
  • 一方でレディースオープントーナメントでは1992年から棋戦終了の2006年までの参加した15年間で11回が予選敗退、本戦に進出した残りの4回も1回戦で敗退している[1]。また続くマイナビ女子オープンでも第5期から第7期の一斉予選で3年連続1回戦敗退を喫し、2013年の第8期ではチャレンジマッチからの出場になった。
  • 2009年の第17期倉敷藤花戦では、挑戦者決定戦まで勝ち残った。
  • 2012年の第2期女流王座戦の本戦トーナメントで伊藤沙恵上田初美中村真梨花を破って勝ち上がり、9月の挑戦者決定戦でも里見香奈女流四冠に勝利し、プロ入り21年目にして初めてタイトルに挑戦した[注釈 1]。10月からの加藤桃子女流王座との五番勝負ではストレート負けを喫し、タイトル獲得を逃した。
  • 2012年9月26日に第24期女流王位戦予選で熊倉紫野女流初段を破り女流三段に昇段。
  • 翌2013年の第3期女流王座戦の挑戦者決定戦でも本戦トーナメントを勝ち進み、再度里見香奈女流四冠と対戦。終盤で勝勢まで築くが最終盤で痛恨のミスがあり逆転負けした。この時感想戦は何とかこなしたものの、2日間涙が止まらなかったという[2]
  • 2016年3月から8月まで休場[3]。そのため、第27期女流王位戦の挑戦者決定リーグを白組5戦中4戦までで全勝としながら、挑戦者決定戦に進出できなかった(不戦敗を含めて4勝1敗となりリーグ残留)。
  • 2017年の第28期女流王位戦の挑戦者決定リーグで5戦全勝で紅組優勝。挑戦者決定戦では伊藤沙恵に敗れた。

人物

  • 1999年3月、女流棋士発足25周年記念親睦将棋会において中倉姉妹船戸陽子とともにバンドを組みギターとしてライブコンサートを行った[4]
  • 2002年4月~9月、NHK将棋講座木村一基の四間飛車破り・急戦の極意」(NHK教育テレビ)の聞き手役を担当。講師役の木村は同じ佐瀬門下の兄弟子である。
  • 日本将棋連盟の子供スクールの講師を務め、元女流棋士の竹俣紅は教え子の一人[5]

昇段履歴

  • 1990年 - 女流育成会入会
  • 1992年4月1日 - 女流2級(プロ入り)
  • 1993年4月1日 - 女流1級
  • 1999年4月1日 - 女流初段
  • 2004年5月19日 - 女流二段
  • 2012年9月26日 - 女流三段(女流二段昇段後90勝)[6]

注釈

  1. ^ プロ入りからタイトル初挑戦までの期間が20年6か月というのは女流棋士として最長記録。なお2位は甲斐智美の11年(ただし奨励会在籍のため5年のブランクがあるため実質6年)、3位は上田初美の10年。

出典

関連項目

外部リンク