本田 康典(ほんだ やすのり、1938年 - )は日本の英米文学者、宮城学院女子大学名誉教授。

人物・来歴編集

熊本市出身。1961年早稲田大学教育大学英語英文学科卒、64年同大学院文学研究科修士課程修了。宮城学院女子大学助教授、1980年教授、2002年退職、名誉教授。20世紀英米小説専攻。

1994年から「日本ヘンリー・ミラー協会」会長として、ヘンリー・ミラーアナイス・ニンに関する日本での再評価にむけて執筆活動を続けている。

ミラーに関する多くの論文、著書、翻訳、エッセーがある。

著書編集

  • 『『北回帰線』物語 パリのヘンリー・ミラーとその仲間たち』水声社 2018

共編編集

  • 『ヘンリー・ミラーを読む』松田憲次郎共編 水声社 2008

翻訳編集

  • 『ヘンリー・ミラー・コレクション 北回帰線』水声社 2004
  • 『回想するヘンリー・ミラー』トゥインカ・スィーボード編 小林美智代,泉澤みゆき共訳 水声社 2005
  • アーヴィング・ステットナー『パラダイスの乞食たち』三保子ステットナー共訳 水声社 2009
  • 『ヘンリー・ミラー・コレクション 13 わが生涯の書物』野平宗弘, 菅原聖喜, 萩埜亮, 泉澤みゆき, 森田起久子, 佐藤亨, 河野賢司共訳 水声社 2014
  • 『ヘンリー・ミラー・コレクション 14 友だちの本 ほか』中村亨,鈴木章能共訳 水声社、2014

参考編集

外部リンク編集