メインメニューを開く

本田 明浩(ほんだ あきひろ、1967年8月18日 - )は、兵庫県西脇市出身の元プロ野球選手捕手)、野球指導者。

本田 明浩
高知ファイティングドッグス 野手コーチ #81
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西脇市
生年月日 (1967-08-18) 1967年8月18日(52歳)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1991年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

来歴・人物編集

杜高卒業後、社会人野球新日本製鐵大分を経て、1991年ドラフト会議福岡ダイエーホークスから6位指名を受け、契約金4,500万円、年俸600万円(それぞれ推定)で契約を結んだ。背番号35。176cm、73kg(入団時)と体格は大きくなかったが、遠投120メートルの強肩捕手で、即戦力として期待されていた。

しかし、1995年より背番号が61に変更。結局、一軍出場のないまま2000年に退団した。

2001年ブルペン捕手として阪神タイガースに入団した(背番号は94)が、10年目となるため選手登録されており、1試合のみだが二軍戦に出場している。このシーズン終了後に正式に引退し、その後は2004年までブルペン捕手、2005年からは育成担当を務め、2009年から再度ブルペン捕手を務めている。2018年限りで退団。

2018年12月25日、2019年シーズンより四国アイランドリーグplus高知ファイティングドッグスで野手コーチに就任することが発表された[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 35 (1992年 - 1994年)
  • 61 (1995年 - 2000年)
  • 94 (2001年 - 2009年途中)
  • 111 (2009年途中 - 2018年)[2]
  • 81 (2019年 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高知FD 新野手コーチ就任のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2018年12月25日)
  2. ^ 育成選手だった野原祐也外野手が支配下選手登録されたことに伴う変更。なお、「111」は、漫画『男どアホウ甲子園』(佐々木守原作・水島新司作画)で阪神の投手として登場した主役・藤村甲子園の背番号として使われていたが、実際の阪神在籍者が使用したのはこれが初めてである。『ドカベン ドリームトーナメント編』では、史実を無視する形で藤村が111番を着用している。

関連項目編集