本線

重要な路線、ないしは支線を束ねる路線のこと

鉄道路線における本線(ほんせん)とは重要な路線、ないしは支線を束ねる路線のことである。前者の例としては東海道本線が、後者の例としては鶴見線鶴見駅 - 扇町駅間が挙げられる。ここでは前者の例を挙げる。

国鉄・JR編集

JRでは基幹となる路線に「○○本線」と名称している。ただし旅客案内において「本」の部分を含めるかは各社で対応が異なるほか、同じ会社内でも扱いが分かれていることがある。また鉄道要覧では「○○本線」とJR各社で呼称する各線は全て「○○線」の記載で統一している。

本線の一覧編集

以下の路線は、本線として開業後にその呼称が消滅したものである。

  • 名寄本線(JR北海道)
    • 特定地方交通線に指定され、1989年(平成元年)5月1日に全線が廃止された。「本線」の全廃は名寄本線が唯一である。
  • 予讃本線JR四国
  • 土讃本線(JR四国)
  • 高徳本線(JR四国)
  • 徳島本線(JR四国)
    • 上記4路線は1988年(昭和63年)6月1日に「本」がつかない路線名称に改められた。これによりJR四国には「本線」の名称を持つ路線は無くなっている。

私鉄編集

私鉄においては、その会社の鉄道路線で最も重要な路線が「本線」、または「○○本線」と呼ばれる[注 1]

本線編集

「本線」という路線名の鉄道路線には以下のものがある。

○○本線編集

路線名に「本線」を含む鉄道路線には以下のものがある。

その他編集

路線名に「本線」を含んでいなくても、その会社で重要な路線については「本線」または「○○本線」と呼ばれることがある。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 近鉄田原本線京阪石山坂本線は「田原本(たわらもと)」や「坂本(さかもと)」という地名の文字として「本(ともに「もと」と読む)」を含んでいるだけで、本線ではない(いわゆるぎなた読みであり、「○○+本線」ではなく「○○本+線」である)。

出典編集

  1. ^ 鉄道事業” (日本語). 西日本鉄道株式会社. 2020年6月17日閲覧。