メインメニューを開く

本郷 泰固(ほんごう やすかた、生没年未詳)は、江戸時代後期(幕末)の旗本。一時は大名駿河国川成島藩主)にもなった。江戸幕府若年寄従五位下、丹後守。伏見宮貞清親王の母顕寿院は同族。

生涯編集

美作朝親の末裔とみられる本郷泰久(やすひさ)の子として生まれる。母は水野政勝の娘。幼名は弥三郎。文化10年(1813年)に家督を継いで旗本となり、天保8年(1837年)4月に御側衆に任じられた。天保13年(1842年)12月15日に1000石、弘化2年(1845年)に2000石、嘉永4年(1851年)に2000石を加増され、7000石となる。

安政4年(1857年)8月29日に若年寄に任じられ、同時に3000石を加増されて1万石の大名として諸侯に列し、川成島藩主となった。しかし藩はすでに旗本時代からの財政難で苦しかったといわれる。

安政5年(1858年)7月6日、5000石没収の上、若年寄を罷免されて改易され、再び旗本となった。第13代将軍・徳川家定死去の直後であり、恐らくは将軍継嗣問題一橋派に属していたためと思われる(表向きは職務怠慢)。その後、徳川慶喜により隠居謹慎のお咎めは許された。

その後の動静は不明である。墓所は東京都中野区上高田の宝泉寺。死後は子の本郷泰清(やすきよ)が跡を継いだものと思われる。