メインメニューを開く

本郷洋画研究所(ほんごうようがけんきゅうしょ)は、1912年岡田三郎助が東京の本郷区春木町藤島武二と設立した美術家の養成機関。後に、本郷絵画研究所と改称。美術家の年譜には、本郷美術研究所とされている場合もある。

1914年、藤島は、川端画学校洋画部で教えるようになり、岡田が中心となって指導。小貫政之助の年譜[1]などによれば、岡田が亡くなった1939年にも入所者が存在した。

青地秀太郎緒方亮平[2]有馬三斗枝[3]児島善三郎笹鹿彪[4]清水錬徳[5]山口長男高野三三男松下春雄西田半峰高畠達四郎[6]長谷川潔中村研一岡鹿之助伊藤廉一木万寿三南城一夫田村一男[7]難波田龍起森芳雄[8]清水多嘉示永井潔、小貫政之助[1]杉村惇井上三綱[9]中川紀元ら多くの洋画家を輩出した。

出典編集