本野村

日本の長崎県北高来郡にあった村

本野村(もとのむら)は、長崎県北高来郡北西部の内陸部にあった村。1940年(昭和15年)に北高来郡内の周辺各町村と合併し市制施行、諫早市となった。

もとのむら
本野村
廃止日 1940年9月1日
廃止理由 新設合併・市制施行
諫早町小栗村小野村有喜村真津山村本野村長田村諫早市
現在の自治体 諫早市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
北高来郡
総人口 3,194
国勢調査、1935年)
隣接自治体 北高来郡諫早町長田村真津山村東彼杵郡大村町萱瀬村鈴田村
本野村役場
所在地 長崎県北高来郡本野村
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

現在の諫早市諫早地域のうち、本野地区にあたる。

地理編集

北高来郡の北西端に位置し、本明川の上流から中流域を村域とする。

  • 山:風観岳
  • 河川:本明川、富川、湯野尾川、琴川、谷川、東川内川、前川内川、西谷川

沿革編集

地名編集

を行政区域とする。また、名の名称に「中本明」「大渡野」の大字を冠する。

大字中本明
  • 古場名
  • 本村名
  • 湯野尾名
大字大渡野
  • 古場名
  • 里名

交通編集

鉄道編集

村域を日本国有鉄道大村線が通るが、駅は設置されていない。

名所・旧跡編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 川頭遺跡 長崎県の文化財
  2. ^ 大雄寺の五百羅漢 長崎県の文化財
  3. ^ 富川のかつら 長崎県の文化財

参考文献編集

関連項目編集