本間貞樹

本間貞樹(ほんま さだき 1953年6月4日- )は北海道釧路市出身のアイスホッケー選手[1]。現在アジアリーグアイスホッケー王子イーグルスゼネラルマネージャーを務めている。現役時代のポジションはフォワード[2]

経歴編集

釧路市立鳥取中学校でアイスホッケーを始めた[1]釧路第一高等学校を経て日本アイスホッケーリーグ王子製紙アイスホッケー部に入団した。1979年、リーグ1位タイの17得点、13アシストをあげてウラジーミル・シャドリンに次ぐリーグ2位の30ポイントをあげて初めてオールスターチームに選ばれた[3]。1981年には40得点、21アシストをあげて最優秀選手に選ばれている[4]

1984年には前人未到の200得点[5]、通算歴代最多の287得点をあげた(この記録は2004年に杉沢明人に更新された。)。

アイスホッケー日本代表としても1976年のインスブルックオリンピック、1980年のレークプラシッドオリンピックアイスホッケー世界選手権に出場した。

2000年に苫小牧市スポーツマスターに選ばれた[6]

2006年王子製紙アイスホッケー部(2008年より王子イーグルス[7])の強化部長に就任した[8]。2007-2008年シーズン、14シーズンぶりに優勝[9]、2010-2011年シーズンレギュラーシーズン1位、2011-2012年シーズンもレギュラーシーズン1位、プレーオフでも6勝1敗で優勝している[10]

札幌市での2008年アイスホッケー世界選手権では解説を務めた[11]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Yuuki Yamada. “Honma Sadaki”. 2012年5月20日閲覧。
  2. ^ 苫小牧市スポーツマスター本間貞樹氏が技術指導 小学生アイスホッケー教室開く”. 苫小牧民報 (2011年10月31日). 2012年5月20日閲覧。
  3. ^ The Oct.20.1979-Dec.02”. 日本アイスホッケー連盟. 2005年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月20日閲覧。
  4. ^ The 16th Standings”. 日本アイスホッケー連盟. 2005年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月20日閲覧。
  5. ^ アイスホッケーマガジン 1984年No.2 本間貞樹 前人未到の200ゴール達成 ベースボールマガジン社
  6. ^ 苫小牧市スポーツマスター制度について”. 苫小牧市. 2012年5月20日閲覧。
  7. ^ チーム名称変更についてのお知らせ 新チーム名「王子イーグルス」”. 王子製紙 (2008年7月29日). 2012年5月20日閲覧。
  8. ^ アイスホッケーの新時代-氷都苫小牧の現状と課題-(5)”. 苫小牧民報 (2007年). 2012年5月20日閲覧。
  9. ^ 2008 この一年 (5)”. 苫小牧民報. 2012年5月20日閲覧。
  10. ^ 王子イーグルススタッフがアイスホッケーアジアリーグ優勝を苫小牧市長に報告”. 苫小牧民報 (2012年3月28日). 2012年5月21日閲覧。
  11. ^ 林和人 (2008年4月17日). “怒(2008/4/17)”. 北海道テレビ放送. 2012年5月20日閲覧。

外部リンク編集