メインメニューを開く

本願寺台湾別院

台湾の台北市の寺院

本願寺台湾別院(ほんがんじたいわんべついん)は、台湾台北市万華区(旧:新起町)にかつて存在した浄土真宗本願寺派の別院である。通称「西本願寺」。

本願寺台湾別院
Honganji Taiwan Betsuin (1932).jpg
所在地 台湾台北市万華区
中華路一段176-243号
位置 北緯25度2分24.79秒
東経121度30分24.12秒
座標: 北緯25度2分24.79秒 東経121度30分24.12秒
宗旨 浄土真宗
宗派 浄土真宗本願寺派
寺格 別院
本尊 阿弥陀如来
創建年 明治29年(1896年
テンプレートを表示
西本願寺(本願寺台湾別院)
中華民国(台湾)文化資産
臺北西本願寺輪番所.jpg
輪番所

登録名称 西本願寺輪番所、遺跡(參道、本堂、御廟所)
その他の呼称 本願寺布教所
種類 その他施設-その他
等級 直轄市定古蹟:鐘楼、樹心会館[1]
歴史建築:参道、本堂、御廟所[2]
古蹟登録
公告時期
2006年2月21日[2][1]
位置 台北市新起町(現・万華区中華路一段)

目次

歴史編集

台北別院時期
台北西本願寺鐘楼

日本統治時代明治29年(1896年)に「本願寺布教所」として建立され、同34年(1901年)に「台北別院」と公称した。昭和4年(1929年)に「台湾別院」と改称した。

戦後、廃寺となり、1975年に本堂をはじめ、ほとんどの建物が焼失してしまった。

2006年に台北市政府によって残った鐘楼、樹心会館が市定古跡、輪番所、遺跡(参道、本堂、御廟所)が歴史建築に指定された。

現在、西本願寺の跡地は、史跡公園として整備され、鐘楼や樹心会館、輪番所、本堂の基壇などの復元工事が進められている。復元された鐘楼が2013年に公開されたが、鐘が本物ではなく新たに造られたものとわかり、税金の無駄遣いと批判が集まった[3]

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b (繁体字中国語)西本願寺(鐘樓、樹心會館) 文化部文化資産局国家文化資産網
  2. ^ a b (繁体字中国語)西本願寺輪番所,遺跡(參道、本堂、御廟所) 文化部文化資産局国家文化資産網
  3. ^ 台版「西本願寺」 開幕遭爆敲「假鐘」民視新聞、2013/07/03

関連項目編集

参考文献編集

  • 『真宗本派本願寺台湾開教史』、真宗本派本願寺台湾別院、1935