本願寺名古屋別院

名古屋市中区にある浄土真宗本願寺派(西本願寺)の寺院。

本願寺派名古屋別院ほんがんじなごやべついん)は、愛知県名古屋市中区門前町にある浄土真宗本願寺派寺院

本願寺名古屋別院
Honganji Nagoya Betsuin (main hall).jpg
本堂
所在地 愛知県名古屋市中区門前町1-23
位置 北緯35度9分25.6秒 東経136度53分58.4秒 / 北緯35.157111度 東経136.899556度 / 35.157111; 136.899556座標: 北緯35度9分25.6秒 東経136度53分58.4秒 / 北緯35.157111度 東経136.899556度 / 35.157111; 136.899556
宗旨 浄土真宗
宗派 浄土真宗本願寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 明応年間(1492年 - 1500年
開基 連淳
別称 西別院、西本坊、西本願寺掛所、西掛所
公式HP 本願寺名古屋別院(西別院)
法人番号 9180005000333 ウィキデータを編集
本願寺名古屋別院の位置(愛知県内)
本願寺名古屋別院
テンプレートを表示

真宗大谷派「東別院」に対して、「西別院」と通称される。

歴史編集

伊勢国長島杉江に創建された願証寺が断絶した後、本願寺第11世宗主の顕如織田信雄に願い出て清須の地に願証寺を再興するが、名古屋城築城による慶長14年(1609年)の清洲越し清洲城下が丸ごと名古屋に移った際にそれに伴って現在地へ移転した。だが長島・桑名門徒が桑名への移転を請うていた事もあって、願証寺は慶長20年(1615年)までに伊勢国桑名に寺基を移転し、同時に長島と松阪に通寺を設けた。この時に旧名古屋願証寺は桑名願証寺の通寺とされた。

正徳14年(1715年)、桑名願証寺住職・琢誓真宗高田派に転派した事で起きた門徒の混乱により、同寺と3つの通寺は江戸幕府に没収された。が、享保2年(1717年)の琢誓の追放により幕府より返却される。そして名古屋の願証寺通寺は西本願寺の末寺となり、名古屋御坊と呼ばれるようになる。翌年以降は本願寺門主が名目上の住職となって、輪番制で守護役を置く事になった。

尾張徳川家3代藩主徳川綱誠の側室・梅昌院は本願寺との縁が深く、享保15年(1730年)に亡くなった際には御霊屋が奉られ、侍女21人の墓もその回りに置かれた。また、文化14年(1817年)には葛飾北斎が境内において、120畳敷の紙に「大達磨」を描く興行を行った記録が残されている。絵そのものは戦災で失われた。

近代編集

  • 明治6年(1873年)- 医学講習所(後の名古屋大学医学部)が置かれる。
  • 明治9年(1879年)- 名古屋御坊から「本願寺名古屋別院」と改称。
  • 昭和20年(1945年)- 5月17日空襲で、ほとんどの建物を焼失。
  • 昭和47年(1972年)- 本堂を再建(古代印度中天竺様式)する。

境内編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c アクセス”. 本願寺名古屋別院. 2019年10月17日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集