メインメニューを開く

札幌スーパーギャグメッセンジャーズ

札幌スーパーギャグメッセンジャーズ(さっぽろ-)は、日本のコント劇団。団長は佐々木拓大(佐々木たくお)。北海道札幌市を拠点に活動する。略称は「札ギャグ」。

沿革編集

  • 1994年3月 佐々木拓大カズヒロマンお笑いコンビ「下心ブラザーズ」を結成。
  • 1994年4月 佐々木拓大、タナケンに篠原隆之、もっちん、西山直人の3人が加わり、「山鼻スーパーギャグメッセンジャーズ」が結成される。
  • 1995年10月 タナケン企画のお笑いイベント「最後に笑ってる奴がかちですから」にて、黒岩孝康、カズヒロマン、アブ、課長田中康一、酒巻剛、竹内ゴリの6人が加入。11人に増えたことに伴い「札幌スーパーギャグメッセンジャーズ」と改名し劇団として旗揚げする。「GAG VIDEO」の制作が始まる。
  • 1996年2月 エドが加入。
  • 1996年 - 1999年 フルメンバーでの活動を休止。「ホワイトマン」(佐々木拓大、タナケン、エド、課長田中康一)、「レッツゴー2匹」(アブ、カズヒロマン)、「コブラツイスト」(佐々木拓大、アブ)、ウエスタンブーツ一郎、二郎(佐々木拓大、エド)といったユニットにそれぞれ分かれて活動する。
  • 2000年4月 課長田中康一企画のお笑いイベント「YODARE NIGHT」にて、ファミ、幸山倍達、ゴリ等他(若手数名)が加入。メンバーが落ち着き、年数回のライブ活動を開始。
  • 2006年4月 札幌スーパーギャグメッセンジャーズのアタックヤングがスタート。

主なメンバー編集

  • 佐々木拓大(団長)
  • 黒岩孝康(サブリーダー)
  • タナケン
  • カズヒロマン
  • アブ
  • 課長田中康一
  • エド
  • ファミ
  • ゴリ
  • 幸山倍達

過去のメンバー編集

  • 酒巻剛(現在はバンド「パノラマアフロ」のメンバー)
  • 竹内ゴリ

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

外部リンク編集