札幌八幡宮(さっぽろはちまんぐう)は、北海道北広島市輪厚中央5丁目3番16号にある神社。

札幌八幡宮
札幌八幡宮
所在地 北海道北広島市輪厚中央5丁目3番16号
位置 北緯42度56分29.8秒 東経141度30分12.0秒 / 北緯42.941611度 東経141.503333度 / 42.941611; 141.503333 (札幌八幡宮)座標: 北緯42度56分29.8秒 東経141度30分12.0秒 / 北緯42.941611度 東経141.503333度 / 42.941611; 141.503333 (札幌八幡宮)
主祭神 八幡大神天満大神・秋葉大権現・梅の宮大神・金刀比羅大神
創建 1977年昭和52年)
地図
札幌八幡宮の位置(北海道内)
札幌八幡宮
札幌八幡宮
テンプレートを表示

建立は1977年昭和52年)。所在地は札幌市ではないが、かつて札幌市中央区にあった金刀比羅崇敬教会の流れを汲む[1]

神体となっている菅原道真像は珍しい立像で、1805年文化2年)に北野天満宮から分霊された、北海道内最古の道真像といわれる[1]

祭神編集

八幡大神(はちまんおおかみ)
武運の神。
天満大神(てんまんおおかみ)
学問の神。菅原道真のこと。
秋葉大権現(あきばだいごんげん)
五穀豊穣の神。
梅の宮大神(うめのみやおおかみ)
安産の神。
金刀比羅大神(ことひらおおかみ)
商売の神。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「どうしん生活情報版 さっぽろ10区」第33号1面

参考文献編集

  • 「どうしん生活情報版 さっぽろ10区」第33号、北海道新聞社、2016年12月27日

関連項目編集

外部リンク編集