メインメニューを開く

札幌北インターチェンジ

日本の札幌市東区と北区にある札樽自動車道のインターチェンジ

札幌北インターチェンジ(さっぽろきたインターチェンジ)は、札幌市東区北区にある札樽自動車道インターチェンジ。札幌都心への最寄ICとして位置づけられており、案内標識には札幌駅がある。札幌北ICはフルICだが、2つのハーフICが向かい合うよう設置されて札幌新道に接続している。東区北34条東3丁目にある旭川・苫小牧方面出入口(札幌北第一インターチェンジ)と、北区北34条西6丁目にある小樽方面出入口(札幌北第二インターチェンジ)で、それぞれにIC番号がつけられている。このIC名は通行料金の領収証で確認できる。インター間の距離はおよそ1kmあるが、料金表の距離表示では同じ距離と見なされている。 平日夕方時(17時から19時)の出口が大変混雑し、ほぼ例外なく年中出口まで1キロほど渋滞となっている。

札幌北(第一)インターチェンジ
札幌北IC1.jpg
札幌北第一IC入口
所属路線 E5A 札樽自動車道
IC番号 3
料金所番号 05-139
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0005.svgJapanese National Route Sign 0274.svg 札幌北 札幌駅
起点からの距離 7.6[1] km(札幌JCT起点)
伏古IC (4.2 km)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0274.svg国道274号
供用開始日 1992年平成4年)9月30日
通行台数 6,633台/日(平成24年度。入口台数のみ[2]
所在地 007-0834
札幌市東区北34条東3丁目
備考 供用前の仮称は「麻生東」であった。
テンプレートを表示
札幌北(第二)インターチェンジ
Sapporo-Kita IC for Otaru.jpg
札幌北第二IC入口
所属路線 E5A 札樽自動車道
IC番号 4
料金所番号 05-138
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0005.svgJapanese National Route Sign 0274.svg 札幌北 札幌駅
起点からの距離 7.6[1] km(札幌JCT起点)
(2.6 km) 新川IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0005.svg国道5号
供用開始日 1992年平成4年)9月30日
通行台数 1,681台/日(平成24年度。入口台数のみ[2]
所在地 001-0033
札幌市北区北33条西6丁目
備考 供用前の仮称は「麻生西」であった。
テンプレートを表示

歴史編集

周辺編集

接続する道路編集

料金所編集

入口編集

室蘭、旭川方面編集

  • レーン数:3
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:1
    • 一般:1

小樽方面編集

  • レーン数:2
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:1

出口編集

均一料金区間内につき両方向共に料金所はない。

編集

E5A 札樽自動車道
(2) 伏古IC - (3) 札幌北(第一)IC - (4) 札幌北(第二)IC - (5) 新川IC

計画編集

札幌北ICから札幌都心を結ぶ国道5号(創成川通)のアクセス強化が検討されている[3][4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 道路時刻表研究会編『道路時刻表2006年-2007年版』道路整備促進期成同盟会全国協議会、2006年の距離の値を採用
  2. ^ a b 高速道路車種、インターチェンジ別交通量   (XLS)
  3. ^ 各交通モードの基本的な考え方 自動車(道路) (PDF)”. 第7回札幌市総合交通計画策定委員会. 札幌市 (2012年1月13日). 2014年9月10日閲覧。
  4. ^ 交通体系図 (PDF)”. 第7回札幌市総合交通計画策定委員会. 札幌市 (2012年1月13日). 2014年9月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集