メインメニューを開く

札幌国際スキー場(さっぽろこくさいスキーじょう)は、北海道札幌市南区にあるスキー場である。札幌市小樽市からのアクセスが良いため、地元客のみならず道外からのリピーターも多い。札幌リゾート開発公社が開発・運営している。

札幌国際スキー場

Sapporo-kokusai Ski Area 20160226.jpg

所在地 〒061-2301
北海道札幌市南区定山渓937番地先
座標 北緯43度4分22.1秒
東経141度5分3.1秒
座標: 北緯43度4分22.1秒 東経141度5分3.1秒
標高 1,100 m / 630 m
(標高差) (470m)
コース面積 65ha
コース数 7本
最長滑走距離 3,600m
最大傾斜 30
索道数 5 本
ウェブサイト www.sapporo-kokusai.jp

目次

沿革編集

  • 1973年(昭和48年) - 札幌市などが出資し札幌リゾート開発公社設立。
  • 1978年(昭和53年) - 札幌国際スキー場オープン。

コース編集

初心者から上級者まで7コース[1]が設置されている。また、ボードパークには、テーブルトップ、クウォータージャンプ等が設置されており、スノーボーダーにも人気が高い。

  • 初級コース
    • 林間コース
    • メルヘンコース
  • 中級コース
    • ウッディーコース
    • スイングコース(一部28°の急斜面)
    • エコーコース
    • ファミリーコース
    • 林間コース
  • 上級コース
    • ダウンヒルコース

他に、スキーセンター前に設けられた「スノーエスカレーター」を備えた初心者エリアがある。なお、「スノーエスカレーター」は専用券(2時間1,500円)が必要。

リフト・ゴンドラリフト編集

リフトゴンドラリフトは現在、次の通り運行されている[1][2]

リフト名 定員 路線長 フード 備考
運転速度は天候などにより減速運転する場合あり
スカイキャビン8 8名 2,000m あり ゴンドラリフト
スカイキャビン6 6名 1,700m あり ゴンドラリフト
メルヘンクワッドリフト 4名 1,300m あり
エコークワッドリフト 4名 1,005m あり
ウッディーペアリフト 2名 810m なし

過去のリフト・ゴンドラリフト[3]編集

リフト名 定員 路線長 フード 備考
スカイキャビン 4名 2,000m あり ゴンドラリフト
ティンバー第1リフトA線 2名 830m なし ペアリフト、「ロマンスリフト」と呼称している
ティンバー第1リフトB線 1名 830m なし シングルリフト
ティンバー第2リフトA線 1名 570m なし シングルリフト
ティンバー第2リフトB線 1名 570m なし シングルリフト
ウッディー第3リフト 1名 560m なし 滑走式リフト(プラッターリフト)
ウッディー第4リフト 1名 610m なし 滑走式リフト(プラッターリフト)

アクセス編集

小樽方面から向かう場合、11月~4月の間は、朝里峠が7時~19時の間のみ通行可能となるため注意。

その他編集

  • SAJ公認札幌国際スキースクール、JSBA公認の札幌国際スノーボードスクールが設置されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 札幌国際スキー場ウェブサイト「本日のゲレンデ - ゲレンデMAP」より、2018年11月26日閲覧。
  2. ^ リフトのフードのあり・なしは札幌国際スキー場ウェブサイト「本日のゲレンデ - SNOW FRIEND 通信」中の写真を参考とした。2018年11月26日閲覧。
  3. ^ 過去に取得の札幌国際スキー場パンフレット(1983/1984昭和58/59年)シーズン)より、2018年11月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集