メインメニューを開く
札幌駅南口と札幌駅バスターミナル(2011年3月)
札幌駅北口(2004年4月)

札幌市の交通(さっぽろしのこうつう)については、札幌市にある交通機関についての項目。

乗車券編集

IC乗車カードはJR北海道が導入している「Kitaca」、札幌市交通局が導入している「SAPICA」があるが、KitacaがSAPICAエリア(一部を除く)で片利用できるサービスのため、注意が必要である[1][2]

また、1日乗車券や高齢者の社会参加を促進するための「敬老優待乗車証」や、障がい者交通費助成として「福祉乗車証」などを発行している[3][4]

1992年(平成4年)から札幌市内の地下鉄・市電・バスで利用できる乗車カードとして「共通ウィズユーカード」を発売していたが、2015年(平成27年)3月31日をもって利用終了となった[5]

交通機関編集

JR編集

 
札幌市内におけるJR線路線図

中央駅は札幌駅

地下鉄編集

 
札幌市営地下鉄路線図

中央駅は大通駅

路面電車編集

「札幌市路面電車活用計画」として路面電車のまちづくりへの活用に向けた取組みが進行中[6]

索道・鋼索鉄道編集

  • 札幌振興公社
    • 札幌もいわ山ロープウェイ(山麓駅 - 中腹駅)[7]
    • もーりすカー(中腹駅 - 山頂駅)[7]

バス編集

 
札幌エスタ(1階に札幌駅バスターミナルがある)(2009年10月)

乗車方法は後乗り前降り後払い方式で、運賃は原則として整理券による区間制であり、手稲区南区清田区の一部が完全に対キロ区間制運賃となっている他は210円/240円の2区による区間制運賃(2014年4月1日現在)となっており、210円運賃のみの路線では整理券を発行しない場合がある。

1930年(昭和5年)運行開始の札幌市営バスは1990年代後半から段階的に民営バスへの事業移管を開始し、2003年(平成15年)4月には藻岩営業所と琴似営業所所管の28路線を、2004年(平成16年)4月には東営業所、新川営業所所管の18路線を移管して事業を廃止した。

札幌市では冬期間に長期の遅れが見られるため、仙台市や福岡市のような都心集中型のバスダイヤとはなっておらず、都心部へのアクセスは一部の路線を除き地下鉄駅での乗継を前提としている。

路線バス

札幌市内で路線バスを運行するのは以下の事業者。

都市間バス

札幌駅周辺から北海道内の各都市への高速バス新千歳空港への連絡バス、観光地などへのシャトルバスが発着している。

バスターミナル

タクシー編集

北海道ハイヤー協会加盟事業者による普通車の初乗り上限運賃は、距離制(1.6km)が670円、時間制(30分)が2,830円となっている[8]

空港編集

 
札幌丘珠空港(2010年3月)

2017年3月26日現在

道路編集

高速道路編集

 
札幌JCTの経路図

一般国道編集

市内の北1条橋(大通東1交差点・北1西1交差点)が国道5号の終点。北1西3交差点(= 北1西4交差点)は、国道12号( - 旭川市)、国道36号( - 室蘭市)、国道230号( - せたな町)が集まる3国道の起点となっている[9]

主要道道編集

一般道道編集

主要市道編集

  • 札幌市主要市道9900号真駒内篠路線
  • 札幌市主要市道9901号旭山公園米里線
  • 札幌市主要市道9902号南19条宮の沢線
  • 札幌市主要市道9903号羊ケ丘線
  • 札幌市主要市道9904号厚別東北郷線
  • 札幌市主要市道9905号手稲インター線

有料道路編集

年表編集

 
官営幌内鉄道の豊平川鉄橋(明治時代)
 
大正時代の札幌駅
 
1936年の大通公園
 
札幌駅前を通過する札幌市電A820型(1971年3月)
 
札幌駅(1991年3月)
 
札幌駅前地下歩行空間(2011年11月)

「札幌市略年表」・「道路建設の歴史」参照[10][11]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 利用可能エリア”. 北海道旅客鉄道. 2014年12月4日閲覧。
  2. ^ SAPICAの利用可能エリア”. 札幌総合情報センター. 2014年12月4日閲覧。
  3. ^ 乗車券のご案内”. 札幌市. 2015年1月10日閲覧。
  4. ^ 障がい者交通費助成”. 札幌市. 2015年1月10日閲覧。
  5. ^ 共通ウィズユーカード等の発売終了・利用終了について”. 札幌市. 2015年1月10日閲覧。
  6. ^ 札幌市路面電車活用計画”. 札幌市. 2015年1月10日閲覧。
  7. ^ a b 札幌もいわ山ロープウェイ”. 札幌もいわ山ロープウェイ山麓事務所. 札幌振興公社. 2015年1月10日閲覧。
  8. ^ 運賃について”. 北海道ハイヤー協会. 2014年12月3日閲覧。
  9. ^ 佐藤健太郎「国道の名所を行く」『ふしぎな国道』講談社〈講談社現代新書〉、2014年、43頁。ISBN 978-4-06-288282-8
  10. ^ 札幌市略年表 (PDF)”. 札幌市政概要平成26年版. 札幌市. 2014年12月14日閲覧。
  11. ^ 道路建設の歴史 - 年表”. 札幌市. 2014年12月14日閲覧。
  12. ^ 札幌駅 (PDF)”. 歴史の散歩道. 札幌市中央区. 2015年1月10日閲覧。
  13. ^ 『札樽国道物語』北海道道路史調査会、76頁。
  14. ^ 『札樽国道物語』北海道道路史調査会、84頁。
  15. ^ チ・カ・ホ 札幌駅前通地下広場”. 札幌駅前通まちづくり. 2014年12月31日閲覧。
  16. ^ 「札幌新道」全面開通のお知らせ (PDF)”. 札幌市 (2015年3月31日). 2015年9月15日閲覧。
  17. ^ 札幌新道開通イベント(実施報告) (PDF)”. 札幌市 (2015年6月10日). 2015年11月30日閲覧。
  18. ^ 市電のループ化開業に関するお知らせ”. 札幌市. 2015年12月27日閲覧。
  19. ^ “札幌の市電がつながり環状運転開始 全長9キロメートル”. 札幌経済新聞 (ノースユナイテッド). (2015年12月21日). http://sapporo.keizai.biz/headline/2391/ 2015年12月27日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集