メインメニューを開く

札幌市カーリング場

札幌市豊平区にあるカーリング専用屋内施設

札幌市カーリング場(さっぽろしカーリングじょう)は、札幌市豊平区にあるカーリング専用屋内施設。北海道銀行とネーミングライツ(命名権)を締結し、施設名がどうぎんカーリングスタジアムになっている[7]

どうぎんカーリングスタジアム
HOKKAIDO BANK CURLING STADIUM

どうぎんカーリングスタジアム.JPG

施設情報
正式名称 札幌市カーリング場[1]
用途 カーリング
収容人数 固定席208席+車いす用16席[2]
設計者 山下設計[3]
施工 西松建設・国策建設共同体[4]
建築主 札幌市
管理運営 さっぽろ健康スポーツ財団(指定管理者
構造形式 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造[2]
敷地面積 5,218.68m²[5]
建築面積 2,539.97m²[5]
延床面積 3,375.12m²[5]
階数 地上2階建
高さ 約10m[2]
着工 2011年[6]
竣工 2012年
総工費 17億5,000万円[6]
所在地 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条9丁目
位置 北緯43度01分42秒 東経141度23分59秒 / 北緯43.02833度 東経141.39972度 / 43.02833; 141.39972座標: 北緯43度01分42秒 東経141度23分59秒 / 北緯43.02833度 東経141.39972度 / 43.02833; 141.39972

目次

概要編集

公設の通年型カーリング専用施設としては日本国内初となる施設[8]札幌市月寒体育館・屋外競技場に隣接している。ウィンタースポーツを楽しむ機会を提供するとともに、国際大会にも対応する各種大会の実施、体験型観光の創出を目的としている。「カーリング無料体験会」や「カーリング教室」を開催している[8]

施設編集

ホールの屋根は梁せい(高さ)が約1.7 m、長さ約31 mとなる大梁を12本設置している[6]。正面は2階が外側へ張り出すオーバーハング形式となっており、北海道産れんがを斜め積みしている[6]。内装には北海道産カラマツ材や札幌軟石を使用している[6]

  • 利用時間:10:00 - 21:00
  • 休館日:第3月曜日(整備日)、年末年始

1階

  • カーリングホール(5シート)
  • エントランスホール
  • 管理事務室、多目的室、更衣室、シャワー室

2階

  • 観客席
  • 多目的ホール

大会実績編集

アクセス・駐車場編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 札幌市体育施設条例.
  2. ^ a b c 建物紹介 -どうぎんカーリングスタジアム”. 札幌市. 2016年7月27日閲覧。
  3. ^ どうぎんカーリングスタジアム”. 山下設計. 2016年7月27日閲覧。
  4. ^ 実績 どうぎんカーリングスタジアム”. 西松建設. 2016年7月27日閲覧。
  5. ^ a b c 所管スポーツ施設等一覧, p. 5.
  6. ^ a b c d e 札幌市のカーリング場が9月15日オープン-地場産材ふんだんに”. 北海道建設新聞. 北海道建設新聞社 (2012年8月31日). 2016年7月27日閲覧。
  7. ^ 札幌市カーリング場のネーミングライツについて”. 札幌市. 2016年7月27日閲覧。
  8. ^ a b どうぎんカーリングスタジアム .ようこそさっぽろ 北海道札幌市観光案内.2016年7月30日閲覧。
  9. ^ 第30回 全農 日本カーリング選手権大会”. 日本カーリング協会. 2016年7月27日閲覧。
  10. ^ どうぎんカーリングクラシック”. 2016年7月27日閲覧。
  11. ^ 第6回 全日本大学カーリング選手権”. 日本カーリング協会. 2016年7月27日閲覧。
  12. ^ 第13回 日本シニアカーリング選手権”. 日本カーリング協会. 2016年7月27日閲覧。
  13. ^ カーリング 2017冬季アジア札幌大会公式サイト.2016年7月30日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集