札幌市中央卸売市場

座標: 北緯43度4分23.4秒 東経141度19分15.4秒

札幌市中央卸売市場(さっぽろしちゅうおうおろしうりしじょう、Sapporo City Wholesale Market)は、札幌市が設置している中央卸売市場。略称は、「中央市場」「札幌中央市場」「札幌市場」。地方公営企業法の財務規定等が適用されている[1]。札幌市経済局中央卸売市場管理課に属する。

札幌市中央卸売市場
Sapporo City Wholesale Market
経営形態 地方公営企業
業種 市場事業
所在地 北海道札幌市中央区北12条西20丁目
事業開始 1959年昭和34年)12月6日
敷地面積 123,023m2
延床面積 134,631m2(※JR高架下施設を除く)
外部リンク 札幌市中央卸売市場

目次

概要編集

青果・水産生産物が流通される場所であり、毎年初夏に行われる夕張メロンでんすけ西瓜らいでん西瓜の初競りの風景がメディアに取り上げられることでも有名である。

歴史編集

沿革編集

組織編集

  • 市場長
    • 管理課
    • 業務課

施設編集

  • 青果棟 - 中央卸売市場法に基づく農産物・農産加工品の取扱い場所。
  • 水産棟 - 規則に基づく水産物・水産加工品の取扱い場所。

事業者編集

卸売業者 青果部

卸売業者 水産物部

  • 曲〆高橋水産(株)
  • 丸水札幌中央水産(株)

仲卸業者 青果部 - 28社。(※数字は、仲卸番号)

仲卸業者 水産物部 - 32社。(※数字は、仲卸番号)

札幌市中央卸売市場場外市場編集

札幌市中央卸売市場場外市場(さっぽろしちゅうおうおろしうりしじょう じょうがいいちば、-じょうがいしじょう)は、札幌市中央区中央市場通りにある市場

略称は、「札幌場外市場」「場外市場」「場外」。組合名は、「場外市場中心街商業組合」。

概要編集

中央卸売市場で落札された青果物・水産物の小売店をはじめ、加工食品店、梱包資材店、飲食店などが中央市場通りを挟み、密集する。

所在地編集

  • 札幌市中央卸売市場 - 北海道札幌市中央区北12条西20丁目
    • 管理事務所 - 北海道札幌市中央区北12条西20丁目2-1 水産棟4階
  • 札幌市中央卸売市場場外市場 - 札幌市中央区中央市場通り

JR桑園駅より徒歩10分、地下鉄東西線二十四軒駅徒歩8分。

周辺施設編集

関連項目編集

関連著名人編集

舞台になった映画編集

外部リンク編集

脚注編集