画像提供依頼:札幌市交通局1100形電車の画像提供をお願いします。2018年10月

札幌市交通局1100形電車(さっぽろしこうつうきょく1100がたでんしゃ)は、札幌市交通局札幌市電)の路面電車車両である。愛称は「シリウス[1]

札幌市交通局1100形電車
札幌市電1100形 試運転.jpg
試運転中の1100形電車 アルナ車両敷地外より
基本情報
運用者 札幌市交通局
製造所 アルナ車両
製造年 2018年
製造数 3両
投入先 札幌市電
主要諸元
最高運転速度 40 km/h
起動加速度 2.5 km/h/s
減速度(常用) 4.4 km/h/s
車両定員 60人
長さ 13m
車体長 13 m
車体幅 2.3 m
車体高 3.8 m
台車 インダイレクトマウント台車
主電動機 かご形三相誘導電動機
TDK6250-B
主電動機出力 60 kW
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式
制御方式 VVVFインバータ制御
保安装置 デッドマン装置
テンプレートを表示

2018年平成30年)10月27日より営業運転を開始した。

導入の背景編集

札幌市では、運転開始後50年以上経過し老朽化した路面電車車両を置き換えるため、2024年度まで毎年1両~2両ずつ、新型低床車両の導入を計画していた[2]。しかし、2020年令和2年)に開催される東京オリンピック・パラリンピックを前に、全国の鉄道会社などから車両メーカーへ注文が殺到した。そのため車両メーカーの生産が追いつかず、計画通り車両を導入できなくなった[3]。また、3車体連接車であるA1200形は構造の関係上、車両制作に時間がかかるという課題があった[3]

そのため、2018年(平成30年)からは、構造がシンプルで作りやすい「単車タイプ」の車両とすることとし、新型車両の導入を急ぐこととなり、本形式が制作された[3]

概要編集

本形式はアルナ車両によって製造された札幌市電の新造車である。同局が2013年(平成25年)から導入しているA1200形ポラリスと同じ低床タイプの「リトルダンサー」シリーズで、運転操作は共通、内外の意匠もほぼ共通であるが、A1200形は中間車を台車のないフローティング構造とした3車体2台車形連接車の「タイプUa」で、当形式は単車体ボギー車の「タイプS」という相違がある[注 1]。この方式は一般的なボギー車同様主電動機が台車に装荷されており、また、曲線で台車が首を振るため、台車部分の床はステップ2段分高く、前後出入り台の間だけが低床となっている。

A1200形と比較すると通路幅は約1.2mと市交通局の車両で最も広く、車内はロングシートで、A1200形では車椅子スペースを2箇所に増やすなど様々な乗客に対応している[5]。また、前照灯が4灯に増やされ(通常は内側の2灯のみ点灯)、その間の尾灯(LEDパネル)の幅が狭くなった。寸法は、全長13 m、全幅2.3 m。全高3.8 m[5]定員は60人である[5]

愛称は「シリウス」。2018年(平成30年)9月1日のイベントで、公募により決定された。シリウスおおいぬ座の星で、太陽を除けば地球から見える最も明るい恒星であり、街中を颯爽と走る姿と、明るい都市=札幌がイメージされている[6]。ロゴマークはA1200形のものをベースに制作された[6]

2018年(平成30年)10月27日に1101号の1両が営業運転を開始した[7]

2019年(平成31年)1102・1103号の2両が営業運転を開始し、同年11月1日からは貸切電車としての運行も始まった[8]

事故編集

2018年(平成30年)11月28日19時45分頃に中央区南21条西16丁目の札幌市交通局電車事業所(車両基地)構内で1101が入庫作業中、進行方向を変える手動分岐器の操作ミスにより、前後の台車が別々の線路に入る事故(泣き別れ)が発生。台車が通常の回転角を超えて床下配管や配線の一部が破損し、休車となった。復旧には3カ月かかる見通しであったが[9]多少延期され、2019年3月4日より営業運転に復帰した[10]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「単車タイプ」とあるのは連接車ではないボギー車を意味する[4]

出典編集

  1. ^ 札幌市交通局 1100形の愛称は「シリウス」に railf.jp『鉄道ファン』 鉄道ニュース(2018年9月29日)
  2. ^ 札幌市路面電車活用計画 <参考1>路面電車建設改良計画(平成24年度~平成36年度)”. 札幌市. オリジナルの2016年3月29日時点によるアーカイブ。 2019年12月17日閲覧。
  3. ^ a b c 札幌市電に4両目低床車両 今秋にも4年ぶり導入”. 北海道新聞. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2018年1月15日)
  4. ^ 平成29年度予算の概要 (PDF)”. 札幌市. p. 63 (2017年2月2日). 2018年9月30日閲覧。
  5. ^ a b c “路面電車新型低床車両をきょう一般公開 札幌市交通局”. 北海道建設新聞 – e-kensin. (2018年9月1日). https://e-kensin.net/news/108310.html 2018年9月29日閲覧。 
  6. ^ a b 新型低床車両(1100形)について”. 札幌市交通局. オリジナルの2019年6月29日時点によるアーカイブ。 2019年12月17日閲覧。
  7. ^ 札幌市交通局1100形「シリウス」4年ぶり新型低床車両10/27デビュー”. マイナビニュース. オリジナルの2018年11月7日時点によるアーカイブ。 2019年12月17日閲覧。
  8. ^ 貸切電車のご案内”. 札幌市交通局. オリジナルの2019年12月17日時点によるアーカイブ。2019年12月17日閲覧。
  9. ^ 新型低床車両(1100形)「シリウス」について 札幌市交通局
  10. ^ 佐藤正樹 (2019年3月1日). “札幌市電の新型低床車は3月4日に復帰…床下破損で修理中の1100形「シリウス」”. Response.. 2019年8月15日閲覧。

外部リンク編集