メインメニューを開く

札幌市交通局250形電車(さっぽろしこうつうきょく250がたでんしゃ)は、札幌市交通局1961年に導入した札幌市電路面電車車両である。

札幌市交通局250形電車
Sapporo Tram Type 250 007.JPG
基本情報
運用者 札幌市交通局
主要諸元
自重 14.5t
全長 13,100mm
全幅 2,230mm
全高 3,515mm
台車 札幌綜合鉄工共同組合上揺れ枕式
駆動方式 吊り掛け式
出力 37.3kW×2
テンプレートを表示

概要編集

車両番号 製造年月 種車 製造元
251号 1961年6月 501~
505号
苗穂工業
252号 泰和車輌
253号
254号 苗穂工業
255号

1961年(昭和36年)に登場した。251~255号の5両。一連の札幌スタイルと呼ばれる丸みの多い、正面1枚窓のデザインが採用された道産電車である。車体はD1020形と同一となり、210形240形よりも全長が長く、また全高が低いため肩部の丸みが小さい。

札幌綜合鉄工共同組合で、廃車となった500形の主要機器を流用して製造された。集電装置は当初よりZ形パンタグラフであった。台車330形と同様の上揺れ枕式に変更され、藤屋鉄工で製造された。

1999年(平成11年)7月より、3両が札幌市電で最初の広告電車として運行開始された。

改造編集

ワンマン化
1970年(昭和45年)10月に全車ワンマン化され、識別のため、車体に蛍光色の赤帯が入れられた。
車体更新
1978年(昭和53年)~1980年(昭和55年)にかけて車体更新が実施された。車体形状に変化はないが、側面の赤帯は白帯に変更され、裾部のステンレス製飾り帯は撤去された。
車体更新 (2)
1991年(平成3年)10月に253号、1992年(平成4年)8月に251号、10月に252号、1993年(平成5年)9月に254号、12月に255号が再び車体更新を受けた。更新工事は札幌交通機械が施工した。
運転席用の換気口と方向幕が一体化され、前照灯は腰部に2灯並べられたため、外観が大きく変化した。塗色は8500形と同様に変更された。
台車枠更新
251号、255号は2009年(平成21年)、254号は2010年(平成22年)に台車枠を道産台車から川崎重工業KW-188への更新を行っている。併せて屋根上の換気口撤去、天井への配線ダクト新設、3300形と同様のLED表示による車内案内装置の新設が行われている。252号、253号は当面未更新のまま使用される見込みである。
方面幕更新
2014年(平成26年)度から、3300形A1200形を除く札幌市電の全車両において方面幕を従来の幕式からLED表示に切り替える更新が施され、当形式も2015年(平成27年)までに全車両がLED表示に更新された。市電の環状化(同年12月開通)を見込んだものと思われる。
パンタグラフ更新
2016年(平成28年)度から、252号と253号がZ型パンタからシングルパンタに更新された。

全面広告車両編集

2015年9月現在、251号がアルバイト北海道、254号がビッグ、255号がニチレイの全面広告車両となっている。また、過去[いつ?]に251号はキュラーズ、252号はFRISK、253号は桑園自動車学校、254号は札信販、255号はQooの全面広告車両だった。1999年に初めて全面広告車両となった時の広告主はNTT東日本である。

  
:251号
:252号

主要諸元編集

  • 全長:13,100mm
  • 全幅:2,230mm
  • 全高:3,515mm
  • 自重:14.5t
  • 定員:110人
  • 出力・駆動方式:37.3kW×2・吊り掛け式
  • 台車型式:札幌綜合鉄工共同組合上揺れ枕式

参考文献編集

  • 『鉄道ピクトリアル No.852 2011年8月臨時増刊号<特集>路面電車』、電気車研究会、2011年