札幌市交通局330形電車(さっぽろしこうつうきょく330がたでんしゃ)は、札幌市交通局1958年に導入した札幌市電路面電車車両である。

札幌市交通局330形電車
Sapporo 335 01.jpg
335号 (ひよどり電車文庫)
札幌市西区西野
基本情報
運用者 札幌市交通局
テンプレートを表示

概要編集

車両番号 製造年月 製造元 廃車年月 機器供出
331号 1958年4月 日立製作所 2001年11月 3305号
332号 1999年12月 3303号
333号 1999年3月 3302号
334号 1998年3月 3301号
335号 2000年11月 3304号

1958年(昭和33年)に登場した。331~335号の5両。登場当初の塗色は上半部がデザートクリーム、下半部はダークグリーンであり、この塗色は他形式も含めた当時現役の全車両に拡大採用された。また、前面と車体裾にはステンレスの飾り帯も付けられた。

東急デハ200形をモデルに軽量車体、小径車輪による低床化が図られ、また、後に札幌スタイルと呼ばれることになる、丸みの強い、正面1枚窓のデザインが採用された。この設計は210形以降の道産電車の基にもなった。

当初からZ形パンタグラフドアエンジン、大型方向幕が装備された。在来車よりも軽量で電動機出力も向上したため、運転しやすく、乗務員の評価は高かった。

1998年(平成10年)から2001年(平成13年)にかけて廃車され、3300形に主要機器を譲った。

改造編集

ワンマン化編集

1971年(昭和46年)に、全車が電車事業所でワンマン化改造され、識別のため、車体に蛍光色の赤帯が入れられた。

制御器編集

ワンマン化と同時に制御器を東京都電8000形の廃車発生品に交換し、直接制御から間接非自動制御に改造された。

車体更新編集

1980年(昭和55年)~1981年(昭和56年)にかけて車体更新が実施された。車体形状に変化はないが、側面の赤帯は白帯に変更され、裾のステンレス製飾り帯は撤去された。

塗色変更編集

保存車編集

335号の車体は札幌市西区の児童図書館に寄贈され、先に同施設に置かれていた216号と車体だけを交換した状態で再利用されている。

主要諸元編集

  • 全長:12,500mm
  • 全幅:2,230mm
  • 全高:3,690mm
  • 自重:13.5t
  • 定員:100人
  • 出力・駆動方式:40.0kW×2・吊り掛け式
  • 台車型式:東急車輛製造TS-309