メインメニューを開く

札幌市交通局720形電車(さっぽろしこうつうきょく720がたでんしゃ)は、札幌市交通局1970年に導入した札幌市電路面電車車両である。

概要編集

鉄北線(北27条 - 新琴似駅前)の電化工事の完了に伴い、余剰となっていた路面ディーゼルカーD1030形D1037号と、事故廃車となった240形245号を種車として改造された電車。

電車化にあたり、ディーゼル車時代に大きく開いていた車体側面のスカートは電車同様に塞がれたが、バンパー下部のラジエーターグリルはそのままであった。D1030形時代に使用していた側面方向幕は撤去された。

製造編集

上記の通り、1970年昭和45年)8月に721号がD1030形D1037号の車体と、事故廃車となった240形245号の台車電装品、ワンマン機器を組み合わせて泰和車輌で改造された。本形式はこの1両のみである。

廃車編集

1974年(昭和49年)5月に鉄北線廃止に伴い廃車となった。廃車後は江別市の札幌商科大学(現・札幌学院大学)に引き取られたが、後に解体されている。 [1]

主要諸元編集

脚注・出典編集

  1. ^ 札幌商大軽音楽部部室 - 札幌学院大学デジタルアーカイブ > 設備・環境 > 1975年 ( 2018年9月30日閲覧)