メインメニューを開く

札幌市交通局A820形電車(さっぽろしこうつうきょくA820がたでんしゃ)は、札幌市交通局1964年に導入した札幌市電路面電車車両である。

札幌市交通局A820形電車
Sapporo City Tram TypeA820 A821+A822.jpg
札幌市電 A821+A822 札幌駅前
写真は運転台右側の(運転時に最後部となる)扉が締め切りとなった後で、扉上には乗車口の案内表示がない。後続車はA800形地下鉄南北線の工事中で同駅前通は鉄板敷きである。
基本情報
運用者 札幌市交通局
テンプレートを表示

概要編集

車両番号 製造年月 製造元 廃車年月
A821-A822号 1964年12月 東急車輛製造 1976年6月
A823-A824号

1964年(昭和39年)、同年に登場したA810形の改良形として製造された連接車。A821-A822号・A823-A824号の2編成4車体。

330形以来の札幌スタイルの完成形とも言える、D1040形と共通する曲面を多用した姿で登場した。A810形と同様の片側4扉であるが、運転台両側は引戸になり、開閉時間を要した幅1,800 mmの巨大な片開き扉は、通常の両開き扉に変更された。

前照灯MTc以来の2灯式となったが、中央に寄せられ、飾り帯と組み合わされた。尾灯A800形と同様の角型レンズとなり、方向幕ベンチレーターと共に前面窓上のケーシングにまとめられた。

側面窓は大型の固定式で、上部の小窓は下ヒンジの内開きとなっていた。窓の天地寸法を大きく採ったため、腰掛には非常に小ぶりの背ずり(腰当て)しかなく、窓保護棒に樹脂板をあてたものを背もたれの代わりとしていた。ラッシュ時用の一部収納座席も踏襲されている。

鉄北車庫に配属されて2系統に充当された後、南北分断時に南車庫(現・電車事業所)に異動し、1976年(昭和51年)に全車廃車となった。

保存車編集

A821号の前頭部が交通局教習所の教材として現存。またA823-A824号の車体が西区平和の民間施設で利用されていたが、2002年平成14年)に解体されている。

主要諸元(2車体分)編集

  • 全長:21,800mm
  • 全幅:2,230mm
  • 全高:3,515mm(奇数車)、3,170mm(偶数車)
  • 自重:25t
  • 定員:150人
  • 出力・駆動方式:45.0kW×3・吊り掛け式
  • 台車型式:東急車輌TS-119(両端)・TS-120(中間部)