札幌市円山動物園

札幌市円山動物園(さっぽろしまるやまどうぶつえん)は、北海道札幌市中央区宮ケ丘の円山公園内にある動物園。札幌市環境局が管理運営を行っている。

札幌市円山動物園
Sapporo Maruyama Zoo

Maruyama Zoo.jpg

施設情報
愛称 円山動物園
前身 円山児童遊園
専門分野 総合
所有者 札幌市
管理運営 札幌市環境局
所在地 064-0959
北海道札幌市中央区宮ケ丘3-1
位置 北緯43度3分5.1秒 東経141度18分26.7秒 / 北緯43.051417度 東経141.307417度 / 43.051417; 141.307417座標: 北緯43度3分5.1秒 東経141度18分26.7秒 / 北緯43.051417度 東経141.307417度 / 43.051417; 141.307417
テンプレートを表示

概要編集

1950年(昭和25年)、恩賜上野動物園の移動動物園を札幌にて開催し、好評を得たことが起源となっている。北海道の中核的な動物園の地位を保ってきたが、年間入園者数は1974年の124万7千人をピークに減少し[1]1979年を最後に100万人を割り込んだ[1]2003年(平成15年)には旭川市旭川市旭山動物園に入場者数が抜かれて道内首位から転落した[2]。インフラ面の整備に力を入れ始めた。その後、2005年からは年間パスポートも発行し、入場者数は増加傾向にある。 2018年4月現在、169種939点(昆虫類を除く)が展示飼育され、総面積は224,780m2(未使用の原生林を含む)。

飼育下での自然繁殖が難しいとされるホッキョクグマの繁殖に、2000年以降成功している動物園。同園の「デナリ」(父)と「ララ」(母)が、2003年12月にメスの「ツヨシ」、2005年12月にメスの「ピリカ」、2008年12月に双子のオスの「イコロ」と「キロル」、2010年12月にメスの「アイラ」、2012年12月に双子のメスの「マルル」と「ポロロ」、2014年12月にメスの「リラ」を誕生させている。

開園時間編集

  • 3月 - 10月 : 9:30 - 16:30(入園締切は16:00)
  • 11月 - 2月 : 9:30 - 16:00(入園締切は15:30)

以前は7月から8月の特定日に「夜の動物園」と称して開園時間を21:00まで(入園締切は20:30)延長していたが、2017年度からは、期間と来園者を限定して動物園職員と一緒に夜の動物園をツアー形式で回る「夜の動物園プレミアムツアー」を開催している。

休園日

  • 毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は翌日)
  • 4月第3週の月曜日から金曜日
  • 11月第2週の月曜日から金曜日
  • 12月29日から12月31日

入園料編集

  • 大人(高校生以上) - 800円
  • 高校生(半額免除)- 400円。在学証明の提示が必要。
  • 団体(大人30名以上) - 720円
  • 円山動物園年間パスポートは2,000円。購入日から1年間有効。
  • 中学生以下、70歳以上の札幌市在住者、身体障害者と介助者は無料。

沿革編集

         年間入園者数が124万7千人となりピークに達する[1]

  • 1975年(昭和50年) : 国内で初めてカオジロガン(人工孵化)、クロクモザルの繁殖に成功。
  • 1977年(昭和52年) : 類人猿館が完成。国内で初めてアフリカタテガミヤマアラシの繁殖に成功。
  • 1979年(昭和54年) : 世界のクマ館が完成。

         この年を最後に年間入園者数が100万人を割り込む[1]

         国内で初めてペルシャヒョウ、アメリカワシミミズクの繁殖に成功。

  • 1990年(平成2年) : 国内で初めてアカハラヤブワラビー、イヌワシ、アオガン(人工孵化)の繁殖に成功。
  • 1992年(平成4年) : 国内で初めてコディアックグマ(人工保育)の繁殖に成功。
  • 1993年(平成5年) : 国内で初めてオオワシの繁殖に成功。
  • 1995年(平成7年)4月29日 : 「熱帯鳥類館」が完成、遊園地「キッドランド円山子供の国」開業[8]
  • 1996年(平成8年)4月29日 : 国内最後の「タスマニアデビル」が死去[9]
  • 1997年(平成9年) : 国内で初めてサトウチョウの繁殖に成功。
  • 1998年(平成10年) : 円山動物園ボランティア活動開始。
  • 2000年(平成12年) : 新チンパンジー館が完成。
  • 2001年(平成13年) : 国内で初めてヨウスコウアリゲーターの繁殖に成功。
  • 2002年(平成14年) : 国内で初めてモモイロインコの繁殖に成功。
  • 2003年(平成15年)12月11日 : ホッキョクグマ「ツヨシ」誕生。
  • 2004年(平成16年)
    • 4月 : リスザルドームが完成[10]
    • 国内で初めてカンボジアモエギハコガメの繁殖に成功。
  • 2005年(平成17年)12月15日 : ホッキョクグマ「ピリカ」誕生。
  • 2006年(平成18年)4月23日 : 「さる山展望レストハウス」が完成[11]
  • 2007年(平成19年)
    • 1月29日 : アジアゾウ「花子」死去[12]
    • ライオンの双子、の「げんき」との「ゆうき」が誕生(名前は一般投票で決定)。
  • 2008年(平成20年) : オオカミ・エゾシカ舎が完成。
    • 4月11日 :「類人猿館屋外放養場」、「ドサンコの森」、「ビーバーの森」が完成[13]
    • 8月31日 :「熱帯植物館」が閉鎖[14]
    • ホッキョクグマの双子、「イコロ」と「キロル」が誕生(名前は一般公募により決定)。
    • インドネシア「タマン・サファリ」よりコモドオオトカゲ「コニ」「コナン」2匹を借り受け展示。展示は国内唯一となる。(2010年に借受け期間終了を受け展示は終了)
    • 最高齢30歳で花子と仲が良かったマサイキリン「タカヨ」死去。
  • 2009年(平成21年) : マサイキリン「ユウマ」の嫁として、熊本市動植物園よりメスの「ナナコ」を譲り受ける[注釈 1]
  • 2010年(平成22年)
    • 3月1日 : ワラビーの「サンデー」(3歳)死亡。暖房から急に噴き出たスチームに驚いて施設内の壁にぶつかる。[要出典]
    • 3月31日 : 「昆虫館」が閉鎖[15]
    • 4月17日 : 「エゾヒグマ館」が完成[16]
    • 8月17日 : 期間満了に伴い、当日付けでコモドオオトカゲの展示を終了。翌日に返却のため、同園を離れる。
    • 9月30日 : 「円山子供の国キッドランド」が閉鎖[17]
    • 11月13日 : エゾヒグマの「とわ」(2歳)と「カステラ」(0歳)が同じ放飼場に入ってしまい、体の小さな「カステラ」が「とわ」の攻撃に遭い、死亡。
    • 12月25日 : ホッキョクグマ「アイラ」誕生。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月31日 : 昆虫館が閉鎖。
    • 4月23日 : リニューアルされたは虫類・両生類館が公開。
  • 2012年(平成24年)
    • 12月8日 : ホッキョクグマの雌の双子誕生。「ポロロ」と「マルル」と名づけられる。
    • 12月12日 : 熱帯動物館老朽化に伴い、新獣舎のわくわくアジアゾーンが完成(寒帯館・高山館・熱帯雨林館の3つで構成)。
  • 2013年(平成25年)
    • 1月7日 : コツメカワウソの「コチカ」(1歳)が死亡。プール内ですでに死んでいるところを発見される。死亡原因不明。[要出典]
    • 1月8日 : エゾシカオオカミ舎オオカミ外放飼場で、シンリンオオカミの「キナコ」(メス)が、檻越しに他の個体に噛まれ出血死。[広報 1]
    • 4月24日 : インドオオコウモリが死亡(2012年に円山動物園に来園)。死亡原因不明。[要出典]
      千葉市動物公園よりレッサーパンダ「エイタ」を譲り受ける[18]
    • 9月24日 : ホッキョクグマの「マルル」が転落。(飼育環境の危機管理の不備を市民から指摘受ける)[要出典]
  • 2014年(平成26年)
  • 2015年(平成27年)
    • 4月 : 国内の動物園で唯一飼育されていたナマケグマ「ゴマキ」(雌、30歳)が死亡。[19]
    • 5月28日 : マレーバクの「トーヤ」(2歳半)屋外プール内の壁と鉄柵との間に左顎を引っかけ、溺れて死亡。[要出典]
    • 5月4日 : コツメカワウソ「ずんだ」が取水口に足吸い込まれ溺死。溺れているのを客が発見した。[20]
    • 7月25日 : マレーグマの「ウッチー」を死亡させる事故発生。
    • 8月23日 : グランドシマウマの「飛馬(ひゅうま)」死亡。グラントシマウマは6月中旬にも雌「スモモ」(28歳)が肺炎で死んでおり、これでゼロに。[21]
    • 8月30日 : マサイキリンの「ナナコ」死亡。
  • 2018年(平成30年)
    • 3月12日 : ホッキョクグマの繁殖施設の国際基準を満たす目的でアザラシの飼育施設を併設したホッキョクグマ館が完成[22][広報 2]
    • 6月13日:多摩動物公園よりアミメキリンの雄、「テンスケ」来園。前年(2017年)8月13日にマサイキリンの雄「ユウマ」が死亡して以来、約1年ぶりのキリン復活となった。
  • 2021年(令和3年)
    • 1月10日 : アムールトラの「アイ」が死亡[23]

施設・飼育動物一覧編集

今後の計画・構想編集

  • 類人猿館を解体しオランウータン館を建設予定[27]

所在地編集

札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

交通手段編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 熊本在住時点では「小夏」であったが、セブン-イレブンが輸送費を援助し改名した。名前の由来はICカード「nanaco」である[要出典]
  2. ^ 絶滅危惧種の繁殖のスペシャリストである動物専門員が NHK のドキュメンタリー番組で取り上げられた[26]

出典編集

  1. ^ a b c d “札幌・円山動物園、100万人復活も夢じゃない? 双子クマ人気で”. 北海道新聞. (2013年10月23日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/499630.html 2013年10月23日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “入園者数の道内首位転落 円山動物園ショック 「新機軸でばん回狙う」 園内ツアーや考える会 リスザル館完成弾みに”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2004年3月2日) 
  3. ^ “札幌・円山動物園 モノレールが完成”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1971年7月28日) 
  4. ^ “円山動物園 「世界の熊館」が開館”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1980年5月17日) 
  5. ^ “「日本一でごザル」 「ワーイ」68匹サル山開く 円山動物園”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1982年10月9日) 
  6. ^ “新モンキーハウス開館 円山動物園”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1984年10月10日) 
  7. ^ “円山動物園 タスマニア館オープン”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1989年9月25日) 
  8. ^ “熱帯のさえずり高らか 円山動物園 鳥類館オープンへ”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1995年4月28日) 
  9. ^ “タスマニアデビル逝く 円山動物園 国内最後の1頭”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1996年3月15日) 
  10. ^ “動物園に行こう 上 “老舗”円山 自然の楽園 母追いちょこまか ホッキョクグマ赤ちゃん人気 頭上行き交うリスザル楽し 「ドーム」も来月登場”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2004年3月23日) 
  11. ^ “札幌・円山動物園 展望レストハウスオープン 寒くても笑顔いっぱい ガラス越しにサル観察 「子供の国」も営業開始”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年4月23日) 
  12. ^ “円山動物園の長寿ゾウ「花子」死ぬ “アイドル”勤め半世紀 来園者ら「長い間お疲れさま」 来月10日「追悼の会」”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年1月29日) 
  13. ^ “3施設オープン 来て!見て!円山動物園”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2008年4月11日) 
  14. ^ “熱帯植物館34年の歴史に幕 円山動物園 31日で公開終了 跡地に新は虫類館建設”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2008年8月27日) 
  15. ^ “昆虫館 月末で閉館 円山動物園 老朽化、移設せず”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年3月19日) 
  16. ^ “ヒグマ生き生き 札幌・円山動物園に新施設あすオープン”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年4月16日) 
  17. ^ “サヨナラ 500円に感謝込め 円山子供の国 閉園まで1カ月 遊具1日乗り放題 きょうから”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年8月28日) 
  18. ^ “風太の五男お引っ越し 27日にエイタお別れ会 千葉市動物公園”. 千葉日報. (2013年10月23日). http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/162536 2013年10月23日閲覧。 
  19. ^ 国内唯一のナマケグマ「ゴマキ」死ぬ 札幌の円山動物園 Archived 2015年8月31日, at the Wayback Machine.
  20. ^ 札幌市円山動物園のコツメカワウソ「ずんだ」が施設不備で溺死 溺れているのを客が発見[出典無効][信頼性要検証]
  21. ^ シマウマ「飛馬」園内で輸送中に急死 札幌・円山動物園 Archived 2015年8月26日, at the Wayback Machine.
  22. ^ “円山動物園にホッキョクグマ館新築―15年度から2ヵ年で”. e-kensinニュース (北海道建設新聞社). (2012年11月30日). http://e-kensin.net/news/article/7409.html [リンク切れ]
  23. ^ アムールトラの「アイ」が亡くなりました”. 札幌市円山動物園. 2021年1月10日閲覧。
  24. ^ http://www.city.sapporo.jp/zoo/topics2-715.html
  25. ^ http://www.city.sapporo.jp/zoo/03doubutsu/01elephant/h30/20181010elephant2.html
  26. ^ “ノアの箱舟”をつくる人”. NHK (2021年8月22日). 2021年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月29日閲覧。
  27. ^ https://www.city.sapporo.jp/zoo/04event/r3/orang2022.html

広報資料・プレスリリースなど一次資料編集

関連項目編集

外部リンク編集