メインメニューを開く

札幌市立中央中学校

日本の北海道の中学校

札幌市立中央中学校(さっぽろしりつ ちゅうおうちゅうがっこう)は、北海道札幌市中央区北4条東3丁目にある公立中学校

札幌市立中央中学校
札幌市立中央中学校
過去の名称 札幌市立第三中学校・札幌市立第四中学校
札幌市立一条中学校・札幌市立陵雲中学校
国公私立 公立学校
校訓 吾あり 人あり 学びあり
設立年月日 1969年
開校記念日 9月1日
共学・別学 男女共学
所在地 060-0031
北海道札幌市中央区北4条東3丁目
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

1968年9月に、札幌市立一条中学校(札幌市南2条東6丁目に所在)と札幌市立陵雲中学校(札幌市北2条西11丁目に所在)が統合し、札幌市立中央中学校として開校。札幌の都心部のやや東側にあり、校区周辺にはマンションや会社が多い。近年は生徒数に極端な変動はない。

沿革編集

札幌市立一条中学校編集

  • 1947年 - 札幌市立一条中学校(札幌市南2条東6丁目)が、女子高等小学校(1899(明治32)年開校)の木造校舎を利用して開校。翌1948年には市内に所在した札幌市立第三中学校を統合。一条中学校は、GHQの指導の下、道内唯一のモデルスクールに指定された[1][2]。「戦後教育の申し子」と呼ばれ、週休2日制の導入など、数々の先進的な試みがなされた他、校長以下全職員によって新教育の実践的研究が行われ、戦後義務教育の確立に貢献した功績は大きいものがあった[1][2]。また、1950年代は1クラス約60名、1学年13クラスと、市内屈指のマンモス校でもあった[1]

札幌市立陵雲中学校編集

  • 1954年 - 札幌市立陵雲中学校(札幌市北2条西11丁目)が、移転した北海道札幌北高等学校の木造校舎を利用して開校。
  • 1959年 - 札幌市立陵雲中学校、校舎を改築。北海道内初となる鉄筋コンクリート造りの3階建て校舎となり水洗トイレも導入された。

札幌市立中央中学校編集

  • 1968年9月 - 市内中心部のドーナツ化現象に伴う生徒数減少により、一条中学校と陵雲中学校が統合し、札幌市立中央中学校が開校[1]。陵雲の校舎は札幌市立大通小学校の移転先として生まれ変わった[3]。一条中学校の旧校舎は、新設高校の仮校舎や市役所の仮庁舎などに用いられた後取り壊され、跡地には現在市民ギャラリーとマンションが建っている[1]
  • 1969年3月 - 現在地に校舎を新築。札幌市内の公立学校で初めて、体育館を校舎の3 - 4階に併設した。
  • 1978年10月 - 開校10周年記念式典
  • 1988年11月 - 開校20周年記念式典
  • 1997年11月 - 開校30周年記念式典
  • 2017年8月 - 新校舎竣工及び旧校舎より移転開始
  • 2018年11月 - 開校50周年記念式典

教育目標編集

  • 思いやりを持ち、人との結びつきを大切にする生徒
  • 自ら学び、確かな知恵を結びつける生徒
  • 忍耐強く、たくましい心身を鍛える生徒
  • 強い意志を持ち、豊かな未来を創造する生徒

主な行事編集

  • 4月 - 入学式、着任式
  • 5月 - 1年生:校外学習(炊事遠足)、2年生:宿泊学習、3年生:修学旅行
  • 6月 - 陸上競技会
  • 7月 - 球技大会
  • 8月ーユニセフ募金運動
  • 9月 - 文化祭
  • 10月 - 生徒会役員選挙、合唱祭
  • 11月 - 進路説明会
  • 12月 - 全学年期末懇談会
  • 3月 - 卒業式

部活動編集

  • 運動部
    • 野球部
    • 女子バレーボール部
    • 男子バスケットボール部
    • 女子バスケットボール部
    • サッカー部
  • 文化部
    • 吹奏楽部
    • 演劇部
    • 美術・工芸部

出身者編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 札幌LRTの会編著『札幌市電が走った街今昔』 JTB 、2003年3月、40~41ページ。
  2. ^ a b 三浦宏編著『豊平川の橋物語』石狩川振興財団、2003年3月、141ページ。
  3. ^ 札幌市立大通小学校 『札幌市立大通小学校 創立80周年・校舎移転記念 学校要覧』、6頁

外部リンク編集