メインメニューを開く
画像提供依頼:施設の外観および館内の画像提供をお願いします。2010年4月

札幌東宝プラザ(さっぽろとうほうぷらざ)は、北海道札幌市中央区に所在していた映画館である。

札幌東宝プラザ
TOHO PLAZA
情報
正式名称 東宝プラザ
旧名称 三友館、日活館
完成 1981年
開館 1981年3月
閉館 2011年8月31日
最終公演 コクリコ坂からカーズ2(東宝プラザ)
網走番外地 大雪原の対決(プラザ2)
収容人員 (2館合計)549人
客席数 東宝プラザ:376席
プラザ2:173席
設備 6.1chサラウンドEXDTSドルビー3D(東宝プラザ)
ドルビーデジタル5.1ch、DTS(プラザ2)
用途 映画上映
運営 株式会社谷井
所在地 060-0062
札幌市中央区南2条西5丁目18番地
(狸小路5丁目)
最寄駅 札幌市電狸小路停留場
外部リンク 札幌プラザ2・5
特記事項 2011年9月より「札幌プラザ2・5」として貸ホールに転換
2014年7月:プラザ2(地下1階)跡にメッセホール(元「BFHホール」)が移転

1925年大正14年)に『三友館』として設立。その後『日活館』を経て1975年昭和50年)に現館名に改称。東宝系列の洋画ロードショー館として数々のヒット作や大作を輩出。札幌市内に最後まで残った大手映画会社の冠映画館であった。2011年平成23年)で映画館としての営業を終え、現在は貸ホール(2階、映画館)と貸ライブハウス(地下1階、旧BFHホール)の『札幌プラザ2・5』となっている。

ここでは、同館が最末期に行っていた映画イベント『ママズシネマクラブ』及び、同館1階にある商業施設『道産食彩HUG』(どうさんしょくさいハグ)についても記述する。

沿革編集

  • 1925年(大正14年):前身となる『三友館』が開業。
  • 1938年(昭和13年):『日活館』に改称。
  • 1975年(昭和50年):『東宝プラザ』に改称。東宝洋画系のロードショー館となる。
  • 1981年(昭和56年):改築により『東宝プラザ』『プラザ2』の2スクリーン体制となる。
  • 2006年(平成18年)9月:第1回札幌国際短編映画祭が開催される。
  • 2008年(平成20年)12月20日:1階に『道産食彩HUG』がオープン。
  • 2010年(平成22年)4月:ドルビー3Dシステムを導入。
  • 2011年(平成23年)8月31日:『東宝プラザ』としての営業を終了。同年9月1日より貸ホール『札幌プラザ2・5』となる。
  • 2014年(平成26年)7月28日:地下のプラザ2跡地にライブハウス『メッセホール』が移転再開業。
  • 2017年(平成29年)1月1日:メッセホールが『BFHホール』に改称。
  • 2019年(平成31年)4月1日:BFHホールが『札幌プラザ2・5』に名称が戻る。

データ編集

  • 所在地:北海道札幌市中央区南2条西5丁目(狸小路5丁目
  • 運営:株式会社谷井
    • 代表:谷井平蔵(初代)[1]、谷井新蔵(2代目)[1]、谷井敬四郎(閉館時点[2]
    • 支配人:牧浦弘英(閉館時点)[3]
フロア構成
2019年5月時点 2017年5月時点 2016年5月時点 2011年8月時点 備考
3階 映写室 映写室 映写室 東宝プラザの映写室
2階 札幌プラザ2・5 札幌プラザ2・5 札幌プラザ2・5 東宝プラザ 東宝プラザ座席数
508席(1981年 - 2003年11月)

376席(2003年12月 - 、椅子の色は赤)
1階 エクスチェンジャーズ札幌狸小路店
道産食彩HUG
エクスチェンジャーズ札幌狸小路店
道産食彩HUG
道産食彩HUG チケット売り場
道産食彩HUG
地下1階 札幌プラザ2・5
ライブハウス
2019年4月1日にBFHホールから改称)
BFHホール
ライブハウス
2017年1月1日にメッセホールから改称)
メッセホール
ライブハウス、2014年7月に移転)
プラザ2 プラザ2座席数
240席(1981年 - 2003年11月)

173席(2003年12月 - 、椅子の色は青)

150席(2017年1月 - 、椅子の色は青)

概要編集

三友館〜日活館編集

 
『乳房よ永遠なれ』の月丘夢路(写真右)と葉山良二

狸小路明治時代から町屋飲食店、勧工場、演芸場などが並ぶ商店街として進化を遂げ、1892年(明治25年)に設立した寄席「札幌亭」をルーツとする帝国座(1丁目)や、1911年(明治43年)に演芸場として設立し、その後松竹の封切館となった遊楽館(3丁目)も狸小路にあった。

1925年大正14年)、先述の「遊楽館」を経営していた九島興行により、パラマウント映画を中心とする洋画封切館『三友館』として狸小路5丁目に設立された。初代の支配人は谷井平蔵で、運営会社の名称はその名字に由来している[1]

1936年(昭和11年)には道内初のトーキー上映を開始。1938年(昭和13年)、日活に経営が譲られ、日活館となったが、1940年(昭和15年)に九島興行より独立。1955年(昭和30年)からは邦画各社の準封切館となる。この年には帯広市出身の歌人・中城ふみ子の生涯を映画化した日活作品『乳房よ永遠なれ』(監督田中絹代)がヒットしている[1]1960年(昭和35年)[注 1]、谷井新蔵が2代目の館主となる[1]

東宝プラザ編集

やがて映画の斜陽化が進み、1975年(昭和50年)、東宝洋画系ロードショー館に一本化され、館名を東宝プラザと改称[1]1981年(昭和56年)3月に現在の建物に改築され[注 2]、2階=東宝プラザ、地下1階=プラザ2の2館体制へと移行。東宝公楽や東宝日劇と共に道内東宝系列映画館のチェーンマスターとして親しまれた。1997年平成9年)7月12日封切のスタジオジブリ作品『もののけ姫』(監督宮崎駿)では、わずか半年の上映で17万人を動員する記録を打ち立てている[6]1998年(平成10年)8月期には20世紀フォックス製作・配給のアニメ映画『アナスタシア』(監督ドン・ブルース、ゲイリー・ゴールドマン)の上映もあった[7]

1998年(平成10年)、サッポロファクトリー内に「ユナイテッド・シネマ札幌」[注 3]2003年(平成15年)には札幌駅前に「札幌シネマフロンティア」といった大型シネマコンプレックスがオープンし、競争が激化。シネマフロンティア開業を機に2003年2月をもって東宝との番組提携契約が打ち切られ、東宝の系列館からフリー館に転換[8]。同年12月に座席や内装のリニューアルを行った。丸の内ピカデリー1・2・3や丸の内ルーブルをメイン館としたウォルト・ディズニー・スタジオ配給の洋画(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ4作品[注 4]、『ファインディング・ニモ[注 5]Mr.インクレディブル[注 6]アリス・イン・ワンダーランド[9][注 7]』等)も上映するようになったのもこの頃からである。翌2004年(平成16年)には3月期に押井守監督の『イノセンス[10]、7月期に大友克洋監督の『スチームボーイ[11]といった日本のアニメ映画も上映していた。

映画興行の合間に行うイベントにも積極的に取り組み、2006年(平成18年)より毎年秋に『札幌国際短編映画祭』を開催。2009年(平成21年)からはディノスシネマズ札幌劇場と共に『ママズシネマクラブ』(後述)と題した親子限定の貸切興行を実施。さらに2010年(平成22年)4月には376席のスクリーンに3Dデジタルシネマシステムドルビー3D方式)を導入[12]するテコ入れを図った。2011年(平成23年)5月18日には、実業家でエッセイストの高橋歩が出演し、俳優小橋賢児が監督したロードムービー『DON'T STOP!』の上映会が行われ、高橋と小橋が舞台挨拶で来館した[13]

閉館〜札幌プラザ2・5へ編集

 
2011年のじゃがポックルシアター(現「新千歳空港シアター」)開館後に東宝プラザは閉館した。

2011年(平成23年)7月8日北海道新聞の報道で、同年8月31日をもって閉館することが明らかとなった[14][注 8]道央圏ではこの年、白石区にあったディノスシネマズ札幌白石が閉館(5月8日)、千歳市にじゃがポックルシアター[注 9]がオープン(7月15日)した他、同年後半以降上映方式のデジタル化を果たす映画館・シネコンが相次いだが、東宝プラザは3Dデジタル以外すべて35mmフィルム上映で営業を全うする結果となった。ロードショー最後の番組は邦画が7月16日封切の『コクリコ坂から』、洋画が7月30日封切の『カーズ2』。同年8月20日から31日までさよなら上映会が行われ、『網走番外地 大雪原の対決』をもって三友館時代から86年に及ぶ歴史の幕を閉じた。

跡地は同年9月1日より貸ホール『札幌プラザ2・5[注 10]となり、試写会などのイベント利用や札幌映画サークルの自主上映の他、札幌国際短編映画祭も引き続き行われている。貸ホール転換後もしばらくは2館体制で業務を続けていたが、2014年7月28日、それまで狸小路3丁目にあったキクヤ運営のライブハウス『メッセホール』が地下1階部分に移転オープン[15]。その後2017年1月1日にメッセホールは『BFHホール』に改称するが、2019年4月1日に「札幌プラザ2・5」と名称が戻る。

ママズシネマクラブ編集

ママズシネマクラブ
Mama's Cinema Club
イベントの種類 映画祭
正式名称 ママズシネマクラブ
開催時期 年2~3回の金曜日午前10時より
初回開催 2009年12月18日
最終開催 2011年8月26日
会場 札幌東宝プラザ
ディノスシネマズ札幌劇場
運営 札幌大通まちづくり株式会社

ママズシネマクラブ(Mama’s Cinema Club)は、札幌大通まちづくり株式会社が企画・運営し、東宝プラザとディノスシネマズ札幌劇場で開催されていた映画イベント。

子供が生まれてからなかなか映画館に行く機会がない、といった観客のために企画された催しで2009年12月に第1回を開催。毎回午前9時30分に開場し、午前10時から上映していた。これと同様の企画にTOHOシネマズの「ママズクラブシアター」や、札幌シネマフロンティアが毎週火曜日に行っている「親子シネマ」がある。

東宝プラザ閉館後はしばらく行っていなかったが、2012年9月30日に「大通ファミリーシネマ」と称して『ロラックスおじさんの秘密の種』が札幌プラザ2・5で上映された[16]

開催履歴
回数 開催年月日 上映された映画(上映館)
第1回 2009年12月18日 カールじいさんの空飛ぶ家(プラザ)
ジュリー&ジュリア(札劇)
第2回 2010年3月26日 プリンセスと魔法のキス(プラザ)
シャーロック・ホームズ(札劇)
第3回 2010年7月16日 トイ・ストーリー3(プラザ)
瞬 またたき(札劇)
第4回 2010年11月26日 SP 野望編(プラザ)
ハリー・ポッターと死の秘宝PART1(札劇)
第5回 2011年3月25日 塔の上のラプンツェル(プラザ)
ツーリスト(札劇)
第6回 2011年8月26日 カーズ2(プラザ)
待ちくたびれて(札劇)

道産食彩HUG編集

道産食彩HUG
店舗概要
所在地 060-0062
北海道札幌市中央区南2条西5丁目18番地(狸小路5丁目)
「札幌プラザ2・5」1階
開業日 2008年平成20年)12月19日
正式名称 道産食彩HUG
施設管理者 狸小路道産食彩協議会
店舗数 10店舗(HUGイート)
営業時間 10:00 - 19:00(HUGマート)
11:00 - 22:00(HUGイート)
駐車台数 0台
駐輪台数 0台
前身 ゲームセンター
最寄駅 札幌市営地下鉄大通駅
札幌市電狸小路停留場
外部リンク http://www.s-hug.jp/
テンプレートを表示

東宝プラザのチケットカウンターがあった1階部分は過去に時計店やゲームセンターなどが入居していたが、2008年12月19日、道産品の食材販売などを行う商業施設として「道産食彩HUG」(どうさんしょくさいハグ)がオープンした。狸小路商店街振興組合役員を中心に設立した「狸小路道産食彩協議会」が運営・経営しており、同館の支配人を務めた牧浦弘英が事務局長として参加している[3]

施設名の「HUG」(ハグ)は“愛情を持って育む”という意味があり、安心なものを食べたいという消費者の願いと、新鮮なものを皆様に食べてもらいたいという生産者の思いをつなぐ架け橋になりたいという思いが込められている。

野菜・魚介類などの食料品を扱う「HUGマート」(ハグマート)と、そば屋や寿司屋、韓国料理店などのレストランを擁する「HUGイート」(ハグイート)の2ヵ所で構成されている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ この年の時点では、札幌市内の映画館は日活館を含めて51館あった(1960年の映画館(北海道地方)「消えた映画館の記憶」を参照した)[4]
  2. ^ 1980年の映画館(北海道地方)の札幌市の項目には、当時の中央区内にあった25館の中に東宝プラザの名が記載されていない(「消えた映画館の記憶」を参照した)[5]
  3. ^ 当初の名称はパラマウントユニバーサルシネマ11。
  4. ^ 第5作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』はTOHOシネマズ日劇(以下日劇)メイン。
  5. ^ ファインディング・ドリー』は日劇メイン。
  6. ^ 第2作『インクレディブル・ファミリー』はTOHOシネマズ日比谷メイン。
  7. ^ 第2作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は日劇メイン。
  8. ^ 同日には広島県広島市にあった同じ東宝系列の映画館「広島宝塚1・2・3」も閉館している。
  9. ^ 後にソラシネマちとせを経て現在は「新千歳空港シアター」。
  10. ^ 2・5は南2条西5丁目に由来。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 和田由美 (2013年7月12日). “ほっかいどう映画館グラフィティー「札幌日活館」”. 朝日新聞 (朝日新聞北海道支社). http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20130712011170001.html 2013年7月19日閲覧。 
  2. ^ 和田由美 (2014年9月19日). “ほっかいどう映画館グラフィティー「東宝プラザ」”. 朝日新聞 (朝日新聞北海道支社). http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20140919011170001.html 2015年6月1日閲覧。 
  3. ^ a b 産消協働で商店街に新たなコミュニティを! - H・U・G 狸小路道産食彩協議会”. 渡島・産学官連携ウェブサイト. 渡島総合振興局 (2009年12月). 2013年11月16日閲覧。
  4. ^ 『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。
  5. ^ 日本映画製作者連盟配給部会『映画館名簿 1980年』時事映画通信社, 1979年。
  6. ^ 8/25の放送~札幌東宝プラザ”. ジャングリメイツ(さっぽろ村ラジオ『ジャングリ珍道中』公認ブログ). CyberAgent (2011年8月26日). 2013年9月23日閲覧。
  7. ^ 「アナスタシア」公開劇場”. 20世紀フォックス. 2013年12月1日閲覧。
  8. ^ 石川郁「番組提携打ち切りで“仁義なき戦い” 巨大シネコンに札幌の映画館の戦々恐々」『道新Today』、北海道新聞社、2003年1月、 170-172頁。
  9. ^ 前売券販売劇場リスト”. アリス・イン・ワンダーランド. ウォルト・ディズニー・ジャパン (2010年3月11日). 2013年12月1日閲覧。
  10. ^ 「イノセンス」上映館一覧”. 作品紹介. Production I.G. 2013年12月1日閲覧。
  11. ^ 「スチームタイムズ」配布劇場一覧”. 「STEAMBOY」公式サイト. 2014年7月14日閲覧。
  12. ^ 野菜高騰&シネマ” (日本語). オハヨー!土曜日. STVラジオ (2010年4月19日). 2012年7月11日閲覧。
  13. ^ 高橋歩トーク&ライブ(05/18札幌)開催!”. 高橋歩 Official Website (2011年4月7日). 2017年1月9日閲覧。
  14. ^ 「東宝プラザ来月末に幕 札幌最古 大正14年開館の映画館」『北海道新聞北海道新聞社、2011年7月8日、30面。2019年10月8日閲覧。
  15. ^ kikuya_p (2014年7月29日). “昨日ついにメッセホールが移転再開オープンしました!”. キクヤ社長. Twitter. 2014年11月23日閲覧。
  16. ^ 9/30 大通ファミリーシネマ開催のお知らせ”. 最近のこと. 札幌大通まちづくり株式会社 (2012年9月11日). 2013年6月12日閲覧。

関連項目編集

かつて存在した道内の東宝系映画館

※いずれも北海道東宝株式会社が経営・運営していた。

外部リンク編集