メインメニューを開く

札幌駐屯地(さっぽろちゅうとんち、JGSDF camp Sapporo)は、札幌市中央区南26条西10丁目1-1に所在し、北部方面総監部等が駐屯している陸上自衛隊駐屯地である。駐屯地の西面は国道230号線石山通)に面し、駐屯地を市道によって南北に分断されている。また女性自衛官 (WAC) 隊舎・南訓練場・南モータープールは厳密には駐屯地外に存在している。かつては駐屯地の「飛び地」として月寒送信所を有していた。

札幌駐屯地
JGSDF Sapporo Camp.jpg
所在地 札幌市中央区南26条西10丁目1-1
座標 北緯43度01分29秒 東経141度20分49秒 / 北緯43.02472度 東経141.34694度 / 43.02472; 141.34694座標: 北緯43度01分29秒 東経141度20分49秒 / 北緯43.02472度 東経141.34694度 / 43.02472; 141.34694
駐屯地司令 北部方面総監部幕僚長
開設年 1951年
テンプレートを表示
北部方面総監部の建物

駐屯地司令は、北部方面総監部幕僚長が兼務。

沿革編集

  • 1951年(昭和26年)
    • 4月6日:真駒内駐屯地から第2管区総監部が移駐[1]
    • 12月1日:札幌駐屯地が開設(旧札幌駐屯地は苗穂駐屯地(現苗穂分屯地)に改称)[2]。第2管区総監部・同付中隊、第2補給中隊等が苗穂から移駐。
    • 12月26日:第2管区総監部庁舎及び新営舎開庁式[2]
  • 1952年(昭和27年)
  • 1953年(昭和28年)9月1日:駐屯地業務隊が編成完結[2]
  • 1954年(昭和29年)
  • 1960年(昭和35年)1月14日:北部方面通信隊、第101地区警務隊が編成完結。会計監査隊北部方面分遣隊改編[2]
  • 1968年(昭和43年)3月1日:北部方面通信隊が北部方面通信群に称号変更。
  • 1973年(昭和48年)
  • 1994年(平成06年)3月28日:第101システム管理隊新編[2]
  • 1997年(平成09年):駐屯地北にあるマンションから金属弾が打ち込まれ隊舎屋根を破壊されたが不発で被害は最小限であった。
  • 1999年(平成11年):講堂から出火する事件が発生した。
  • 2006年(平成18年)3月27日:北部方面情報処理隊編成完結。
  • 2007年(平成19年)11月:真駒内送信所開局に伴い、月寒送信所を閉鎖。
  • 2013年(平成25年)3月26日:北部方面情報処理隊を北部方面情報隊に改編。

駐屯部隊・機関編集

北部方面隊直轄部隊・機関編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

脚注編集

  1. ^ 『波乱の半世紀 陸上自衛隊の50年』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、2000年9月15日、249頁。ISBN 978-4750980157
  2. ^ a b c d e f g h i j 陸上自衛隊北部方面総監部/監修『北部方面隊50年のあゆみ : 歩みつづけるつわものたちのきらめく記憶』山藤印刷株式会社、2003年。
  3. ^ 『波乱の半世紀 陸上自衛隊の50年』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、2000年9月15日、250頁。ISBN 978-4750980157
  4. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)