本来の表記は「朱燾」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

朱 燾(しゅ とう、生没年不詳)は、中国東晋軍人本貫義陽郡。子は東晋の征虜将軍朱序。東晋の勢力拡大に貢献した。

生涯編集

東晋に仕え、揚烈将軍王允之の司馬に任じられていた。

328年5月、朝廷の実権を奪った驃騎将軍蘇峻に対し、撫軍将軍王舒は義軍を起こして抵抗した。王舒は朱燾・王允之・将軍徐遜・陳孺に精鋭3千を与え、武康に拠る蘇峻軍を急襲した。不意をつかれた蘇峻軍は、斬首数百の被害を出し、舟等で敗走した。王允之は蘇峻軍の器械を接収、輔国将軍虞潭を支援した。

329年2月、蘇峻の部将の韓晃馬雄故鄣に転進した。王允之は朱燾・何準らを虞潭の助勢に向かわせ、戦闘に及んだ。虞潭軍は強弩を用い、韓晃らを敗走させ、斬首千余、降伏2千を得た。

安西将軍庾翼の司馬に任じられた。

345年6月、南蛮校尉に任じられ、1千の兵で巴陵を守った。

7月、庾翼が亡くなった後、庾翼の部将の干瓚・戴羲が反乱を起こし、冠軍将軍曹拠を殺害した。朱燾は安西長史江虨・建武司馬毛穆之・将軍袁真らとともに反乱を鎮圧した。

龍驤将軍に任じられた。

349年4月、益州刺史周撫とともに、皇帝を自称する范賁を斬り、益州を平定した。

西蛮校尉・益州刺史に任じられた。

これ以後、朱燾の事績は史書に記されていない。

脚注編集

参考文献編集