本来の表記は「朱楩」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

朱 楩(しゅ へん、洪武12年3月23日1379年4月9日) - 景泰元年3月29日1450年5月10日))は、皇族。明の太祖である洪武帝の18男。生母は周妃。

概要編集

異母兄に皇太子だった朱標朱棣など多数。1391年に岷王に封じられる。1395年に雲南王に変更された。性格はいい加減かつ狂人的な一面があったとされる。封地には王宮も造らずにあばら家で過ごし、国政も顧みなかったという。このため父が亡くなって建文帝(朱允炆)が即位すると、その側近である方孝孺らによって狂気を理由にして真っ先に藩王削減政策の標的とされ、取り潰されて庶人に落とされた上に漳州福建省)に流罪とされた。

靖難の変が終わって異母兄の朱棣が永楽帝として即位すると復権する。しかし性格は全く改まることなく、礼節や法を破り、家臣や民衆を気分次第で殺したり勝手に印綬を偽造して命令を出したりするなどした。遂に永楽帝の怒りを招き、王の印綬を没収されて召還された。のちに罪は許されたが、権限はほとんど剥奪されて王位は名目的なものだけになり、王宮の創設すら許されなかったという。1450年に死去し、「荘王」と諡された。

編集

  1. 廃世子 朱徽焲
  2. 岷王 朱徽煣
  3. 江川王 朱徽煝
  4. 広通王 朱徽煠
  5. 陽宗王 朱徽焟

参考文献編集

  • 明史』列伝第六 諸王三