メインメニューを開く

朱 友敬 (しゅ ゆうけい、? - 915年)は、後梁の初代皇帝朱全忠の第8子で末子。『資治通鑑』や『五代会要』では友敬とあるが、正史では友孜とも作る[1]末帝の同母弟だという。

目次

略歴編集

父の受禅後に康王に封じられる。兄の朱友貞と仲が悪く、915年に謀反を起こしたために、激怒した兄が派遣した刺客の兇刃によって倒れた。末帝・朱友貞は弟の暗殺以来、兄弟や親族に距離を置いて、趙巖らの進言で、自分の腹心を目付として朱一門の諸侯王に派遣して監視させたという。

歴史書の記述編集

旧五代史編集

(梁書巻十二 宗室列伝二)
 康王友孜,太祖第八子,末帝即位後封,後以反誅。

新五代史編集

巻十三 梁家人伝第一
 康王友孜,目重瞳子,嘗竊自負,以為當為天子。貞明元年,末帝德妃薨,將葬,友孜使刺客夜入寢中。末帝方寐,夢人害己,既寤,聞榻上寶劍鎗然有聲,躍起,抽劍曰:「將有變邪!」乃索寢中,得刺客,手殺之,遂誅友孜。明日,謂趙巖、張漢傑曰:「幾與卿輩不相見。」由此遂疎弱宗室,而信任趙、張,以至於敗亡。

脚注編集

  1. ^ 北宋の翼祖趙敬の避諱により