メインメニューを開く

朱 友雍 (しゅ ゆうよう、? - 923年)は、後梁の初代皇帝朱全忠の第6子。

後梁の建国後、賀王に封ぜられた。923年後唐の侵攻の迫るなか、末帝に叛乱を企んだと疑われ、弟の朱友徽とともに殺された。

後梁が滅亡すると、寡妻の石氏は後唐の荘宗によって召された。石氏は喚いたり罵ったりしたので、荘宗に殺された。