メインメニューを開く
本来の表記は「朱履龢」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

朱 履龢(しゅ りわ)は中華民国の政治家・司法官。中華民国維新政府、南京国民政府(汪兆銘政権)の要人である。笑山。「朱履和[1]と表記される例もある。

朱履龢
Zhu lvhe.jpg
『最新支那要人伝』1941年
プロフィール
出生: 1877年光緒3年)
死去: 1945年民国34年)4月13日
Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 中華民国南京特別市
出身地: 清の旗 浙江省嘉興府嘉興県
職業: 政治家・司法官
各種表記
繁体字 朱履龢
簡体字 朱履龢
拼音 Zhū Lǚhé
和名表記: しゅ りわ
発音転記: ジュー リューホー
ラテン字 Chu Lü-ho
テンプレートを表示

事跡編集

イギリス留学経験を持ち、帰国後は、法権討論会と関税特別会議で秘書をつとめた。

1927年民国16年)6月、国民政府外交部総務司司長となる。10月、同部第二司司長に異動した。翌年2月、司法部秘書長となり、翌月、司法部次長に昇格している(11月、同部政務次長となる)。1930年(民国19年)4月、魏道明の後任として司法行政部長代理に就任する。12月、立法院立法委員も兼任した。翌年12月、羅文幹の司法行政部長就任とともに、政務次長に戻る。1932年(民国21年)1月、政務次長からも退いた。

1938年(民国27年)8月、中華民国維新政府の司法行政部次長に任命された。翌年5月、新設された最高法院院長に就任している。1940年(民国29年)3月、汪兆銘(汪精衛)の南京国民政府が成立すると、朱履龢は司法院副院長と中央政治委員会列席委員に任命された。同年4月、中央公務員懲戒委員会委員長に任命されている。

1945年(民国34年)4月13日、死去。享年69。

編集

  1. ^ 『民国職官年表』634-635頁など。

参考文献編集

  • 鄭仁佳「朱履龢小伝」『伝記文学』ホームページ(台湾、要繁体字フォント)
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
  • 『最新支那要人伝』朝日新聞社、1941年。
   中華民国(国民政府)国民政府
先代:
魏道明
司法行政部長(代理)
1930年4月 - 1931年12月
次代:
羅文幹
   中華民国維新政府
先代:
(創設)
最高法院院長
1939年5月 - 1940年1月
次代:
陳伊炯
先代:
胡礽泰
司法行政部長
1940年1月 - 3月
次代:
(廃止)
   南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
(創設)
中央公務員懲戒委員長
1940年4月 - 1945年4月?
次代:
(廃止)