メインメニューを開く

朱 常洵(しゅ じょうじゅん、1586年2月22日万暦14年1月5日) - 1641年3月2日崇禎14年1月21日))は、中国朝の皇族で、初代の福王。万暦帝の第3子として生まれた。母は貴妃鄭氏である。

生涯編集

貴妃鄭氏は宮中で万暦帝に最も寵愛された后妃であった。万暦帝は彼女が生んだ子である朱常洵を皇太子として育てようと考えたが、大臣たちは長男の朱常洛(のちの泰昌帝)を懸命に支持したため、常洵は皇太子になれなかった。万暦帝はその代わりに、凄まじい贅沢を常洵にさせた。例えば常洵の結婚式の際には30万両という金額を使っている(ちなみに万暦帝の幼少時、政治を執っていた重臣張居正が十数年かけて国庫に積み上げていた金額が400万両である)。このため常洵は、重税と困窮にあえぐ民衆の怨みを買うことになり、これが彼の最期へと繋がっていく。

明に対し反乱を起こした李自成は、1641年に洛陽を占領した後、西関の周公廟で「福禄宴」[1]という宴会を開き、その中で朱常洵は処刑された。その後、体重が180kgあった朱常洵の肉が一塊ずつ切り取られて、皇室の庭園で飼われていた鹿の肉と煮込まれた。李自成はその肉を部下に食べさせた。

1644年、李自成が明の都北京を落とし、崇禎帝が煤山で自殺した。朱常洵の長男朱由崧南京で、馬士英盧九徳の支持を得て帝位に即いた(南明)。年号を弘光と改め、父である朱常洵に恭宗廟号と慕天敷道貞純粛哲修文顕武聖敬仁毅孝皇帝の諡号を贈った。

宗室編集

妻妾編集

子女編集

  • 男子:朱由崧(弘光帝)、朱由榘(潁沖王)、朱由樺(徳懐王)
  • 女子:朱氏(1608年9月2日 - 1609年6月22日)、朱氏(? - 1612年)

年譜編集

  • 万暦29年(1601年) 福王の王位を与えられる。
  • 万暦42年(1614年) 領地の洛陽に移った。それと同時に、田畑20万平方mと無数の塩田を与えられ、酒色にふける。
  • 崇禎14年(1641年) 李自成が叛乱軍を指揮し、洛陽を落とす。その際、朱常洵は元南京兵部尚書呂維祺と一緒に殺された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 福禄宴:福は福王を、禄は鹿を指す(中国語で禄と鹿は同音である)。