メインメニューを開く
本来の表記は「朱慈炫」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

朱 慈炫(しゅ じげん)または朱 慈煊(しゅ じけん、1648年 - 1662年)は、南明皇族永暦帝の第3子で、生母は孝剛王皇后。洗礼名はコンスタンティネ (Constantine) 。

概要編集

2人の兄が相次いで消息不明になったため[1]永暦5年(1651年)に皇太子となった。

永暦15年(1661年)に、匿われたビルマピンダレ英語版の裏切りで、に降った呉三桂によって、父母と兄弟とともに引き渡された。そのとき皇太子の朱慈炫は呉三桂に向かって「逆臣めが、わが明を討ち負かして、われら父子をどうするつもりだ?」と罵ったという。しかし、呉三桂は意に介さずに、翌永暦16年(1662年)夏4月に永暦帝父子を昆明雲南省)で縊り殺したとも、火刑に処したともいわれる。朱慈炫の享年は15であった。

朱慈炫は台湾を拠点とした明の遺臣の鄭経鄭成功の長子)によって、哀愍太子とされた。

脚注編集

  1. ^ 南明史中国語版