朱標

朱元璋の長男。皇太子。

朱 標(しゅ ひょう、至正15年9月5日1355年10月10日) - 洪武25年4月25日1392年5月17日))は、中国朝の初代皇帝洪武帝の長男で皇太子。第2代皇帝建文帝の父。母は馬皇后

朱標

概要編集

明朝建国後、皇太子に立てられて重臣常遇春の娘常氏を妻に迎える(なお、建文帝の生母は側室の呂氏である)。温厚な人柄であり、父が進める重臣たちの粛清を諌めたりしたために、父からは頼りなく思われたという。

洪武25年(1392年)4月に急死した。享年38。

父に先立って急死すると、朱元璋はその死を深く悲しんで懿文太子諡号を贈った。さらに実子である朱允炆(建文帝)が即位すると、興宗廟号孝康皇帝の諡号が追号された。

朱標の早世は、父による粛清を加速させた上に、靖難の変の原因の一つになるなど、数々の悲劇を生み出す原因となった。永楽帝が帝位につくと、懿文太子に追降した。後に、弘光帝南明の皇帝に即位すると、孝康皇帝の諡号が復されあらためて追尊された。

家族編集

編集

  1. 孝康皇后常氏
  2. 皇太后呂氏

男子編集

  1. 虞懐王 朱雄英
  2. 建文帝 朱允炆
  3. 呉王 朱允熥
  4. 衡王 朱允熞
  5. 徐王 朱允𤐤

女子編集

  1. 江都公主
  2. 宜倫郡主
  3. 公主
  4. 南平公主

参考文献編集