本来の表記は「朱瑞嬫」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

朱 瑞嬫(しゅ ずいえい、嘉靖20年1月6日1541年2月1日) - 嘉靖23年6月27日1544年7月16日))は、嘉靖帝の第4皇女

朱瑞嬫
続柄 嘉靖帝第四皇女

全名 朱瑞嬫
称号 (追贈:帰善公主)
出生 嘉靖20年1月6日1541年2月1日
死去 嘉靖23年6月27日1544年7月16日
(享年4)
埋葬 金山
父親 嘉靖帝
母親 陳雍妃
テンプレートを表示

経歴編集

嘉靖帝と雍妃陳氏の娘として、嘉靖20年(1541年)1月6日に生まれた。嘉靖帝からは愛された。

嘉靖23年(1544年)6月に死去した。帰善公主の位を追贈され、金山に葬られた。

伝記資料編集

  • 『万暦野獲編』
  • 『国榷』
  • 『明世宗実録』