朱軒嬁

明の万暦帝の第9皇女
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213にない漢字)が含まれています詳細

朱 軒嬁(しゅ けんとう、万暦26年10月19日1598年11月17日) - 万暦27年6月13日1599年8月3日))は、万暦帝の第9皇女

朱軒嬁
続柄 万暦帝第九皇女

全名 朱軒嬁
称号 (追贈:香山公主)
出生 万暦26年10月19日1598年11月17日
死去 万暦27年6月13日1599年8月3日
埋葬 洪達嶺
父親 万暦帝
母親 李徳嬪
テンプレートを表示

経歴編集

万暦帝李徳嬪の三女として生まれた。万暦26年10月19日(1598年11月17日)に生まれ、翌年正月に名を賜られたが、同年6月13日(1599年8月3日)に夭折した。香山公主の位を追贈され、洪達嶺に葬られた。

伝記資料編集

  • 『国榷』
  • 『明神宗実録』万暦二十六年巻