朱雀門』(しゅじゃくもん)は、1957年に公開された森一生監督の日本映画[1][3]

朱雀門
監督 森一生
脚本 八尋不二
原作 川口松太郎 小説『皇女和の宮』
製作 永田雅一
出演者 八代目 市川雷蔵
音楽 斎藤一郎
撮影 宮川一夫
編集 宮田味津三
製作会社 大映大映京都撮影所[1]
配給 大映[2]
公開 日本の旗1957年3月20日[1]
上映時間 100分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

朝日新聞に連載された川口松太郎の小説『皇女和の宮』が原作[1]

1957年のアジア太平洋映画祭で、作品部門最高賞とスタッフ部門撮影賞を受賞した。[4]

また、1957年の毎日映画コンクールでもスタッフ部門色彩技術賞を受賞した。[4]

スタッフ編集

以下のスタッフ名は特に記載がない限りKINENOTEに従った[1]

キャスト編集

以下の出演者名と役名は特に記載がない限りKINENOTEに従った[1]

受賞編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g kinenote.
  2. ^ allcinema.
  3. ^ 朱雀門”. raizofan.net. 2022年1月6日閲覧。
  4. ^ a b c d IMDB.com: Awards for Suzakumon”. imdb.com. 2020年12月29日閲覧。
  5. ^ a b 国立映画アーカイブ.
  6. ^ JMDb.
  7. ^ "毎日映画コンクール 第12回(1957年)". 毎日新聞社. 2022年1月6日閲覧

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集