メインメニューを開く

朱 雨玲(シュ・ウレイ、ジュ・ユリン Zhu Yuling 1995年1月10日 - )は、中国出身の卓球選手。

朱雨玲 Table tennis pictogram.svg
Mondial Ping -Women's Singles - Quarterfinal - Zhu Yuling-Feng Tianwei - 18.jpg
2013世界選手権準々決勝対馮天薇の朱雨玲
基本情報
ラテン語表記 Zhu Yuling
生年月日 (1995-01-10) 1995年1月10日(24歳)
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
出身地 綿陽市
性別 女性
選手情報
世界ランキング 最高1[1]位 現在2[1]
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット インテンシティNTC5
フォア面ラバー 国狂NEO3ブルースポンジ
バック面ラバー ロゼナ
戦型 ドライブ主戦型
 
獲得メダル
卓球
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
世界選手権
2013 パリ 女子シングルス
2013 パリ 女子ダブルス
2014 東京 女子団体
2015 蘇州 女子ダブルス
2016 クアラルンプール 女子団体
2017 デュッセルドルフ 女子シングルス
2017 デュッセルドルフ 女子ダブルス
2018 ハルムスタッド 女子団体
ワールドカップ
2017 マーカム 女子シングルス
アジア卓球選手権
2013年 釜山 女子ダブルス
2013年 釜山 女子団体
2015年 パタヤ 女子シングルス
2015年 パタヤ 女子団体
2017 無錫 女子ダブルス
2017 無錫 女子団体
2017 無錫 女子シングルス
アジア競技大会卓球競技
2014 仁川 女子ダブルス
2014 仁川 団体
2014 仁川 女子シングルス
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

人物編集

綿陽市の生まれ、5歳で卓球を始め[2]、2010年にジュニア代表に選ばれその年のITTFツアージャパンオープンでツアーに初出場し準優勝する活躍を見せた[3]

2010年と2012年に世界ジュニア卓球選手権の女子シングルスで優勝した。

2013年のアジア卓球選手権は女子ダブルスと団体で優勝した。世界選手権パリ大会では女子シングルスと女子ダブルスで銅メダルを獲得した。

2015年のアジア卓球選手権は女子シングルスと団体で優勝した。世界選手権蘇州大会は女子ダブルスで優勝した。11月の世界ランキングで自己最高位の2位を記録[4]したが、2016年のリオデジャネイロオリンピックへの出場は逃した。

2017アジア卓球選手権大会は連覇を狙ったシングルスは準決勝で平野美宇に敗れ3位だったが、女子ダブルスと団体で優勝した。

2017年にワールドカップの女子シングルスで優勝し、11月の世界ランキングで1位になった。

プレースタイル編集

中国女子チームの中では小柄な選手だが、運動能力は高く、一発の強打もある。強打で左右に振られても、何本でも返球して相手の焦りを誘い、要所で強打を決めて試合を優位に展開。相手にゲームポイントを取られても動じないメンタルの強さは一級品で、10代の選手とは思えない戦術の遂行能力を見せる[5]

主な成績編集

※最高成績

女子シングルス編集

女子ダブルス編集

  • 世界選手権 優勝(2015)
  • アジア大会 優勝(2014)
  • アジア選手権 優勝(2013)

脚注編集

外部リンク編集