朴口駅

台湾の台中市の鉄道駅

朴口駅(ぼくこうえき)は、かつて台湾台中市豊原区にあった台湾鉄路管理局東勢線廃駅)である。

朴口駅
Old Pukou Station.JPG
朴口
プーコウ
Pukou
豊原 (3.4km)
(3.2km) 石岡
所在地 台中市豊原区
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 招呼站(無人駅[1]
種別 廃駅
所属路線 東勢線廃線
キロ程 3.4km(豊原起点)
電報略号 ㄆㄎ
駅構造 地上駅
ホーム 単式 1面1線
開業年月日 1961年1月4日
廃止年月日 1991年9月1日
テンプレートを表示
朴口駅
各種表記
繁体字 朴口車站
簡体字 朴口车站
発音: プーコウ チャーヂャン
日本語漢音読み ぼくこうえき
英文 Pukou Station
テンプレートを表示

駅構造編集

利用状況編集

  • 既に廃止されている。
  • 廃止前は招呼站(無人駅)であった。
  • 東勢線の廃線跡は自転車道東豊自行車緑廊)となり、本駅は休憩所として再利用されている。

保存状況編集

  • 線路は撤去されているが、ホームが残っている。
  • 元の待合室は撤去され、似た造形の新しい待合室(休憩所)が建てられた。

歴史編集

隣の駅編集

台湾鉄路管理局
東勢線(廃止)
豊原駅 - 豊原北信号場 - 朴口駅 - 石岡駅

出典編集

[ヘルプ]

参考文献編集