メインメニューを開く

朴彦昌

新羅の王族、初代後沙伐王

朴彦昌(ぼく げんしょう、朝鮮語: 박언창、? - 929年)は新羅の第54代国王の景明王の第5王子。君号は沙伐大君(サボルデグン、さばつだいくん、朝鮮語: 사벌대군)。

927年景哀王自殺したのち、自らを後沙伐王と称し、沙伐州に建都し、929年病没した。