メインメニューを開く

朴 東宣(박동선、1935年3月16日[1] - )は、大韓民国(韓国)の実業家

パク・ドンソン
박동선
朴 東宣
生誕 (1935-03-16) 1935年3月16日(84歳)
平安南道順川市[1]
出身校 ジョージタウン大学[1]
職業 実業家

経歴・人物編集

日本統治時代の朝鮮平安南道順川市生まれ[1]ジョージタウン大学で学んだ[1]。のちワシントンD.C.に「ジョージタウンクラブ」を設立[1]政界との結びつきを築いていった。

1970年代、韓国への軍事援助と経済支援を得るため、ロビー活動をおこないアメリカ合衆国の前職・現職議員32人に85万ドルの選挙資金を提供した[2][3]コリアゲート事件で起訴された。

2006年1月6日国際連合(国連)のイラク人道支援事業に関連して、サッダーム・フセイン政権の意を受けて国連幹部らに違法な工作を行った疑いにより、ニューヨーク連邦地検に逮捕された[3]

2013年全羅南道順天市で開催された順天湾国際庭園博覧会で組織委員会首席顧問を務めた[1]

安倍晋太郎日本政治家として最高の人格者と評し、彼を通して日本について学び日本が好きになったと述べている[1]中山正暉とは刎頸の友の間柄であり、また中東アフリカラテンアメリカ諸国首脳と強い人脈がある[4]。特にヨルダン国王アブドゥッラー2世とは親しく、ISILによる日本人拘束事件では、2015年1月に正暉の長男外務副大臣中山泰秀日本政府を代表して彼を訪問、人質解放への協力を要請した際、2人の会談の実現を側面から支援したといわれている[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 日韓協調体制で中国の膨張抑止を PII社会長 朴東宣氏”. 新政界往来. 2017年8月27日閲覧。
  2. ^ 米地検、ロビー容疑で朴東宣氏を告発”. 中央日報 (2005年4月15日). 2017年8月27日閲覧。
  3. ^ a b 対イラク不正疑惑、朴東宣容疑者を逮捕”. 中央日報 (2006年1月8日). 2017年8月27日閲覧。
  4. ^ a b 歳川隆雄 (2015年2月3日). “日本とヨルダンをつないだ大物韓国人 日本人殺害脅迫事件”. 夕刊フジ. 2017年8月27日閲覧。