メインメニューを開く

朴琦緖(パク・キソ、1948年12月9日 - )は、韓国犯罪者。過去に金九を暗殺したという理由で元軍人の安斗煕を撲殺した。熱烈な金九信奉者で、市民運動家として白凡[1]記念事業会関連活動をしている。

朴琦緖
罪名 殺人罪(老人の撲殺)
刑罰 懲役3年(減刑赦免)
動機 復讐
有罪判決 有罪
本来の表記は「朴琦緖」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
朴琦緖
各種表記
ハングル 박기서
漢字 朴琦緖
発音: パク・キソ
ローマ字 Park kiseo
テンプレートを表示

略歴編集

富川市の市内バス運転手。

1996年10月23日1949年に起きた金九暗殺事件の実行犯であった安斗煕を正義棒[2]で死ぬまで殴り続けて殺害した。安の妻は隣の部屋で縛られていたが、無事だった。安斗煕は当時79歳の老齢で43年前に公職から退いて偽名を用いて暮らしていたが、度重なる迫害を経てすでにその偽名を使うのもやめていたため、安の所在は周知の事実だった。朴はカトリック教徒で、殺害後は我に返るとまず神父に告解しその神父に連れられて警察に出頭した。

朴は殺害した動機を、同じく安斗煕の処罰に不満を持っていた作家の權重熙の著書『歴史の審判には時効がない』を読んで感化されたことを挙げ、孔子論語の一節を引用して殺人を弁明した。また事件前に神父[3]に「安斗煕を自分の手で殺したい」と告白したが、「それが実現したら歴史的なことだ」と言われて勇気づけられたと、後に語っている。

裁判では殺人罪で有罪になるが、1審で懲役7年の求刑で5年の宣告、2審では懲役5年の求刑に3年の宣告で確定した。わずか懲役3年の刑を受けただけだったが、1998年金大中政権が発足すると三・一運動の記念日に大統領から特別赦免を受けて残りの刑期が消滅した。殺人犯であるにも関わらず、1年6ヶ月の服役で釈放された。しかし服役した期間は安斗煕よりも長かった。

2004年10月、親日著作裁判に出廷した金完燮を暴行して負傷させているが、この時は逮捕すらされなかった。

評価編集

現在、朴はタクシー運転手であるが、韓国においては「安斗熙処断者」として英雄扱いで、「議員」「先生」「義士」などの敬称で呼ばれ、度々、メディアにも登場する。朴に暴行を受けて被害者になった金完燮は、次は「金完燮処断者」として歴史に名を残そうとしているようだと皮肉を述べた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 金九の号
  2. ^ 油性ペンで「正義」「安重根義士」のハングル文字を書いた自作の白木の棒。40cmぐらいの大きさ。
  3. ^ 出頭した際に同行した神父とは別の人物で、朴が普段通っていた教会の人。

参考文献編集

  • 金完燮 (2004). 親日派のための弁明2―英雄の虚像、日帝の実像. 扶桑社. ISBN 4594048455. 

関連項目編集