メインメニューを開く
机浜番屋群(2018年10月)

机浜番屋群(つくえはまばんやぐん)は岩手県下閉伊郡田野畑村にある建物群。「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選定されている。

目次

歴史編集

かつては1933年昭和8年)の三陸津波の後に建てられた25棟で構成されていた。「番屋」は本来、冬に漁師が引き上げた後に漁場を管理する(すなわち番をする)必要性から滞在するための小屋を指す。かつてニシンが盛んだった北海道西海岸においては漁船や多くの漁夫の宿泊を担う大型民家が「鰊番屋(鰊御殿)」と呼ばれていた。その後漁港集落を結ぶ道路が整備されたり、養殖が盛んになり、次第に「納屋」としての機能が失われつつあった。

また漁業後継者不足による番屋の遊休化・廃屋化が進んだが、保存・継承活動の高まりによって2006年平成18年)2月、水産庁から「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選定され、漁業・漁村文化を伝承する拠点となった。しかし2011年(平成23年)に発生した東日本大震災津波によって全棟が流失した。

現況編集

全国からの支援により「机浜番屋群再生プロジェクト」が立ち上がり、国の復興交付金(事業費2億5600万円)で復旧事業が行われ、2014年(平成26年)12月に24棟で完成した。番屋料理体験、塩づくり体験が可能な他、「ザッパ船」観光も可能[1]

アクセス編集

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 岩手県田野畑村、机浜番屋群再建へ着工”. 観光経済新聞. 2018年10月20日閲覧。

外部リンク編集