朽木倒

柔道の手技。くちきだおし。

朽木倒(くちきたおし)は、柔道手技の一つ。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号KTA柔道川石メソッドでの別名片足取(かたあしどり)[1]

天神真楊流 投捨 朽木倒

解説編集

釣り手で襟を掴み、引き手で脚を掬って或いは、抱えて押し倒す技。踵を掴んで、しゃがみ込みながら相手をひっくり返す様に投げると、踵返になる。「取りが片手で受けの片脚を刈り、倒す技」が技の起点となる。

踵返双手刈と同じ様に、「投げる」というよりも、「倒す」または、「押し倒す」様な形となる。色々な変化形があり、横に巻き込んで投げ技に転ずるものから、ただ真後ろに倒していくものまである。相撲の渡し込み小股掬いに相当し、形的にはレスリングシングルレッグダイブに似た感じである。

双手刈り同様、日本人柔道家によって開発され、柔道の創始者嘉納治五郎講道館に早期から認められている技である。しかし、1926年、柔道の技術書『新式柔道』で金光弥一兵衛は朽木倒について、理論に走り実際に適せぬ技または妙味に乏しい技、だとして掲載を省略した旨、記載する[2]1982年、講道館技名称投技が制定されると朽木倒は含まれていた。

日本柔道においては双手刈と並んでこの技を仕掛けて勝利してもいい評価は得られず、むしろ『美しくない』、『邪道な勝ち方』と罵倒されることもある。しかし、1990年代以降、世界の柔道の主流になっており、日本人からすると柔道が柔道らしくない試合が多くなっている。このような事情があり、日本選手は対応に苦しんでおり、多くの敗因になっている。

2009年には禁止技に指定する話が浮かび[3]、年内にルール変更により使用が大きく制限された。詳しくは組み手 (柔道)を参照のこと。

起源編集

元々は古流柔術にあった技で、「朽ちた巨木が根本から転倒する」ということから名付けられた。嘉納が学んだ、天神真楊流の投捨に朽木倒という同じ技が存在する。

脚注編集

  1. ^ Mikinosuke KAWAISHI. Ma méthode de judo. Jean Gailhat(仏訳、イラスト). フランス. p. 94. "KATA-ASHI-DORI" 
  2. ^ 金光弥一兵衛新式柔道隆文館、日本、1926年(大正15年)5月10日、87頁。「右の他横落、帯落、谷落、朽木倒、引込返、横分、山嵐と名付けらるゝ業あれ共、理論に走り實際に適せぬもの又は業として妙味乏しきものなれば省略する。」
  3. ^ 変則柔道追放へ朽ち木倒しの禁止を検討”. 日刊スポーツ (2009年8月20日). 2020年11月1日閲覧。

外部リンク編集