メインメニューを開く

朽木 綱方(くつき つなかた)は、丹波福知山藩の第10代藩主。福知山藩朽木家11代。

 
朽木綱方
時代 江戸時代後期
生誕 天明6年12月26日1787年2月13日
死没 天保9年2月27日1838年3月22日
改名 肥後太郎(幼名)、綱方、和竜(法号)
戒名 泰雲院殿寿山椿齢大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、土佐
幕府 江戸幕府
丹波国福知山藩
氏族 朽木氏
父母 父:朽木昌綱、養父:朽木倫綱
兄弟 唯之助、綱方米倉昌寿、福寿太郎
正室:本庄資承の娘
健(朽木綱張正室)、綱紀
養子:綱条

天明6年(1786年)12月26日、第8代藩主朽木昌綱の次男として生まれる。寛政10年(1798年)8月20日、第9代藩主倫綱の養子となる。享和3年(1803年)閏1月12日、倫綱の死去により家督を継ぐ。しかし若年により、しばらくは縁戚(第5代藩主玄綱の八男)である松平乗保の後見を受けた。同年9月15日、将軍徳川家斉に拝謁する。文化元年(1804年)12月16日、従五位下土佐守に叙任する。文化7年2月2日、大坂加番を命じられる。文化14年2月2日、大坂加番を命じられる。

綱方の治世は文化4年(1807年)に大火が起こるなど、相次ぐ災害で藩財政が悪化していった。このような多難な中で政務への関心を失った綱方は、文政3年(1820年)6月6日に家督を養子(倫綱の実子)の綱条に譲って隠居し、以後はその後見を務めた。

天保9年(1838年)2月27日に死去した。享年53。